トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


バロックオペラと鳥の歌
冷水ひとみ

こんなご時世の中、雀さんが大勢集まって、にぎやかに会食しています。
ベランダに小さなバードフィーダーを設置してみたのです。
最初は誰にも気づかれなかったのですが、やがて1羽2羽とやってきて、今では大賑わい。黙って食べることはできない性分らしく、チュンチュンいいながら、ひしめき合い、翼で小突きあったりして、大騒ぎしています。
隣の雀に突き落とされた雀は、垂直に頭から真っ逆さまに落ちていくにもかかわらず、途中で旋回してまた、すぐに垂直に上昇して元の位置に戻るのには驚愕しました。
ヘリコプターみたいな飛び方? とにかく動きがかなり速い生物ですね。

ヘリコプターというとレオナルド ダ ヴィンチを思い出しますが、これからご紹介するオペラは、その名も レオナルド ヴィンチ (1690 –1730) という作曲家の「Artaserse」
まずはクライマックス部分の抜粋を聴いてみてください。

私はこれ、見るたびにドキドキしてしまいます。レオナルド・ダ・ヴィンチの人体図を背景に使っている美術や、黒子を舞台に登場させている能のような演出も衣装もなにもかもステキ。
そしてこのバロックオケの音色のバランス。
フォルテになったあとの静かな一瞬にこぼれるチェンバロに心が震えます。
基本にある縦ノリのビート感がある拍節の中、拍のだいぶ前から長めの前打音がかなり自由なタイミングで自由なフレーズではいってくるのが堪らない。
特にこのくらいの中ぐらいの編成でその妙味が際立つと感じます。

ところでこのヴィンチ先生、40歳で急逝されているのですが、噂によれば、“不適切な交際” 相手の夫に毒殺されたらしい。なんでもホットチョコレートにたっぷりの毒薬が仕込まれていたとかで、証拠はないが否定する材料もなし、ということでそれが定説となっています。このArtaserseは亡くなられたその悲劇のホットチョコレートの年、1730年にローマで初演。
こちらは2012年のリバイバル公演、4時間にわたる全編がアップされています。

さて、なんといっても、このオペラでは5人の超絶カウンターテナーが揃って共演。
初演当時のローマの舞台は女人禁制であり、いわゆる「カストラート」が人気を博していた時代です。映画「カストラート」は、なんとも痛々しくて見ていて辛いものがありました。あえて、それについてはここで詳しく述べませんが、現代ではその役はカウンターテナーで再現しているというわけです。
中でも、Arbace役のFranco Fagiolli の演奏は圧巻で、今までの「女役」的な、または「ボーイソプラノ」的な「ヘルマフロジット」的なカウンターテナーのイメージを覆す肉感的でパッショネイトな表現。装飾音もカデンツァも完璧で、すっかりファンになってしまいました。最高に好きなこの曲をどうぞ。

ヘンデル Lascia Ch’io Pianga
囚われの姫がその運命を嘆く歌ですが、”la liberta” と自由に焦がれて繰り返されるところにグッときてしまいます。

<

この曲の ヘンデル先生自筆の譜面 が出てきました。
下の数段がそうですが、こんな雑とはびっくり。定規もつかわないんですね。
私の譜面と対して変わらない、こんなもんでいいんだなって、ちょっと嬉しい気もします。
ヘンデルはこのメロディーを気に入っていて、他の曲にも使っているとのこと。
そういうのもアリなんですね。今なら”自己パクリ”とか言われそうです。

現在活躍中のカウンターテナーで、このFagiolliとは対極にあるタイプがおそらくArtaserseを演じるPhilippe Jaroussky でしょう。
彼がうたうLascia Ch’io Piangaもステキなのですが、どちらかというとフランスもののほうが、柔らかさのある声に合うようで、バロックオペラからは離れますが、このフォーレは、1st 2ndヴァイオリンを使わない繊細なオーケストレーションとともに、もうこの世のものではない超常的美しさを醸し出しています。
こんなのを発見すると、私はYou Tubeで一生終わってもいいな、とすら思ってしまいます。この美は、もう人類の宝でしょう。

フォーレ レクイエムより “Pie Juse”
<

バロック音楽というものは、ガチガチのファン層が厚く、近寄りがたさから敬遠してきた経緯がありますが、バロックオペラはエンターテイメントとして楽しんでも許されるように思います。
ちょっとデカダンで深刻なかんじがしない。忠実に過去を再現する枷から解き放たれれば遊び部分を作りやすい、今後期待すべきジャンルではないでしょうか?

ということで、トリは鳥に締めてもらいます。
Frank MaglioTico & the Man

<

このオウム、Ticoさんの歌は沢山あがっています。中でも”Stairway to Heaven”は、かなり上出来。私は疑い深いので、これは決まったフレーズを何パターンが覚えさせて組み合わせているのだろうと、検証してみましたが、そうでもなさそう。キーの違う曲にはそれに合わせて歌っています。
鳥類の可聴音域は人間に近いから、聞こえ方も近い? そうすると鳥も音程を比率として捉え、単純な比率をより好んで選択している、つまり人類とある程度、共通する音感を有しているということでしょうか。

小さな歌う恐竜。
こんなお友達がいたらいいなぁ。

やめられない、とまらない、You Tube。
皆さん、ほどほどにね。

(Notice; if any copyright infringement reported on these linked videos,I will delete the links immediately.)


記事一覧
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5