トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


究極のアナログシンセサイザーが登場か?
松前公高

 10代の頃からシンセサイザーに興味を持って、最初に手に入れたのはROLANDのMODEL101というものだった。その後、大学の入学祝いでSYSTEM100M、アルバイトして貯めたお金でDX7、Prophet600と手に入れていく。20〜30代、音楽でお金を稼ぐ様になったら、生活費以外、ほとんどシンセサイザーかレコード、CD、パソコンに費やしていた様に思う。
気がついたら十畳の部屋両サイドにびっしりシンセサイザーやエフェクターが並んでいた。Prophet5、KORGのPS-3200、ARPのRHODES CHROMA、EMS AKSなどを手に入れた時は「生きててよかった!」と感謝し、機材に囲まれた幸せ一杯の毎日だった。

 しかし、幸せは長くは続かなかった(いや、ある程度は続いたかな?)。
ソフトウェアシンセサイザーが現れ、その音質や機能もみるみる発達していく。そんな中、東京から大阪へ引っ越す決断をする。この量の機材、運ぶのか?そもそも新しい家にこの機材は入るのか?

 ひとつ気持ちがふっきれると断捨離というものは実にスムーズに行くもので、ハードウェアシンセ、エフェクター、レコードはほぼ全て、CDもかなり処分したのだった。
そして今、自宅に残っているシンセはKORG MS-20が4台、ユーロラックのモジュラーシンセ類、ライブで鍵盤として使う為にKORG TRINITYのみ。あとは全てソフトウェア音源で制作を行っている。

 もうハードウェアのシンセサイザーを買う事もないだろうと思っていたが、つい最近、気持ちが揺らいでいる。是非とも手に入れたい製品と出会う事になったのだ。古いシンセの復刻版などは、それほど気にならない。昔ほど機材への憧れも強くはなくなったし、ソフトウェア音源でもビンテージの太いシンセの音はかなり出せると思う。それでも欲しいと思ったのだ。それがARTURIAの POLYBRUTE という製品。

https://arturia.jp/products/item/polybrute/

photo01 このPOLYBRUTE、リットーミュージックが運営する楽器専門検索サイト「デジマート(https://www.digimart.net)」の製品紹介動画の撮影の為にお借りしたのだが、さわってて、とにかく楽しかった。お気に入りの機材やソフトウェアを手に入れた時って、時間を忘れていじくってる!そんな感じだった。

 この製品、何がすごいかと言うと、思いつく限りのシンセの機能が何でも搭載されている。「こうだったらイイのに〜」という設定が全部出来る様になっている。オシレーターにはサブオシレーター、シンク、FMはもちろん、フィルターFMもおもしろい。2つのフィルターはスタイナーとラダータイプで直列、並列、その混合も可能、マスターカットオフのつまみがロータリーエンコーダータイプで2つのフィルターのカットオフを同時にスムーズに動かせる。

photo02 何より本体右の8×12のボタン群「マトリクスパネル」は圧巻で、プリセット音の選択の他、EMSのピンの様に様々なモジュレーションをパッチングする為に使用するのだが、その設定方法も実によく考えられていて、スムーズでわかりやすくて便利。シーケンサーやアルペジエーター使用時にも効率的に機能する。

細かい設定もディスプレイで行えるし、エフェクターもモジュレーション系、ディレイ、リバーブそれぞれ優秀だし、シーケンサー、アルペジエーターがまたすごく良く出来ているし、、、。

photo03 更に更にすごいのが、鍵盤左のMorphéeというコントローラーで指をパッドにタッチする形でx軸、y軸方向に、そしてボタンを押し込む事でz軸方向に、モジュレーションやモーフィングをコントロールする。リボンコントローラーまで装備されている!

いや〜〜、ここまで充実してるシンセ、みたことないな〜。
そのどれもがユーザーの事を考えた使いやすさ。
あ、、ついつい熱くなって楽器のレビューみたいな文章になってしまった。

アナログシンセの音ではあるけれど、デジタル系の綺麗な音も得意だし、表現力がハンパない。そのシンセにしか出せない独特の個性というのは少ないが、どんな音にも対応出来る感じがする。
という事で、久々に部屋に置いておきたいハードウェアシンセが出現した。断捨離と逆行してしまうけど、、、どうしよう、、。
買うか?買わないか?は、私次第です!。

 シンセ好きの私としては、とにかく最近一番感動してワクワクした事だったので書いてみた。

デジマートのサイトでこの POLYBRUTEの機能を解説した動画 が公開されています。こちらも是非ごらんください。


記事一覧
2021.10.13 谷口尚久 / 1971
2021.10.06 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材③ ~ROLAND RE-201 Space Echo
2021.09.29 横川理彦 / 私は放送委員長
2021.09.22 郷拓郎 / 時代の見える機材遍歴の一例
2021.09.15 Gak Sato / 住処の話
2021.09.08 加藤賢崇 / テクノ・ウエスト・サイド・ストーリー
2021.09.01 三宅治子 / 松前さん/マフィンズ/マフィン
2021.08.25 永田太郎 / バックアップ
2021.08.18 藤本功一 / ある夜のありきたりな話
2021.08.11 冷水ひとみ / 幻の ”一弦フェスタ”
2021.08.04 松前公高 / 動画編集をやってみた!
2021.07.28 荒木尚美 / スティービー・ワンダー
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5