トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
クニ杉本

前回 に引き続き、制作環境がほぼソフトウエアに置き換わっても手放すことなく、なんとなく手元に残っている機材を紹介したいと思います。

YAMAHA CS01は、1982年にヤマハから発売されたアナログシンセ。前回のVSS-200同様、90年代に当時在住していたロンドンのNotting Hill GateにあるMusic Exchangeというリサイクルショップで、100ポンドほど(当時のレートは確か1ポンド=160円ぐらい)で購入しました。

小学生の頃、YMOに衝撃を受け音楽を始めた自分にとって、機材の中でもアナログシンセには特に思い入れが強く、ちなみにマイファーストシンセはRolandのSYSTEM100MのDセット。バラ売りになっているモジュールをラックに納めて、音と信号の流れを自分で決めて、パッチケーブルで接続しないと音が出せない、硬派なモジュラーシンセでした。その他に所有したことのあるアナログシンセにはSequrntial Circuits PRO-ONE、ARP Odysseyなどがありますが、現在手元に残っているのはこのCS01のみです。

CS01の一番の特徴は、ミニキーボードを採用したコンパクトな筐体に、音作りの流れのまま横一列にスライダーを並べた、シンプルな構成だと思います。先程のSYSTEM100Mとは真逆で、音作りの幅が狭いことは否めませんが、直感的に扱うことができ、知っているだけでも以前在籍していたナチュラルカラミティのギタリストの森俊二さんや、シンガーソングライターのcaravanのような、キーボーディストではないミュージシャンも気に入って購入していました。

個人的にCS01の特に気に入っている点は、その素直な出音です。リードとしても抜けが良いと思いますが、低音域にも存在感があって、立花ハジメさんのバンド「The chill」にベーシストとして参加させていただいた際、シンセベースの曲ではレコーディングでもライブでもCS01を使用しました。

当時ヤマハは、CS01と同じグレーの本体色で、ロゴのデザインも統一した「Personal Studio System」というシリーズで、カセットMTRやモニタースピーカーなどのコンシューマー向けのDTM機器をラインナップしていましたが、コンパクトで取り回しが良いため、ミキサーのMM10とアナログリズムボックスのMR10も入手し、中西俊夫氏と「TYCOON TO$H AND KUNI SUGIMOTO」という名義で「LET IT DUB」というアルバムをリリースした頃、同氏と頻繁に行っていたライブではCS01と共に使用していました。見た目の統一感もあり、キックの音の太さに定評のあるMR10は特に気に入っていたのですが、残念なことにしばらく使用していない間に故障して音が出なくなってしまいました。

その他にCS01について特筆したい点は、ブレスコントローラーを接続できることです。ブレスコントローラーは口に咥えて息でシンセの音色や音量をコントロールするもので、DX7用として所有していたこともありましたが、CS01を入手した頃には手元に残っておらず、残念ながら自分では接続したことがありませんが、中学生の頃見に行ったリターン・トゥ・フォーエバーの再結成の来日公演で、先日亡くなってしまったチックコリアがブレスコントローラーを接続したCS01を肩から下げ、客席を練り歩きながら長いソロを演奏したことは、とても印象的で忘れられません。

CS01にはスピーカーが内蔵されていることも気に入っていて、たまに引っ張り出してきて鳴らしてみたくなります。

前回のVSS-200同様コンパクトなミニキーボードであることは、偶然ではなく、住宅事情が関係していることに書き進めながら気が付いてきたのですが、ごく気軽に扱えるアナログシンセYAMAHA CS01にはやはり愛着があって、今後も手放すことはないんだろうなと思います。

興味を持っていただいた方にYOUTUBEで見つけた動画です。

ブレスコントローラーを接続したCS01の使用例

Roland SYSTEM700のVCOは三角波を元に矩形波を生成しているため、LFOとしてシーケンサーのクロックに使用し、PWMでゲートタイムを変化させると、トリガーのタイミングが狂ってしまう問題を、SYSTEM100Mのモジュラーを駆使して解決するパッチを紹介する動画です。(10回シリーズの最終回)

初回からご覧になる方は こちら


記事一覧
2021.10.13 谷口尚久 / 1971
2021.10.06 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材③ ~ROLAND RE-201 Space Echo
2021.09.29 横川理彦 / 私は放送委員長
2021.09.22 郷拓郎 / 時代の見える機材遍歴の一例
2021.09.15 Gak Sato / 住処の話
2021.09.08 加藤賢崇 / テクノ・ウエスト・サイド・ストーリー
2021.09.01 三宅治子 / 松前さん/マフィンズ/マフィン
2021.08.25 永田太郎 / バックアップ
2021.08.18 藤本功一 / ある夜のありきたりな話
2021.08.11 冷水ひとみ / 幻の ”一弦フェスタ”
2021.08.04 松前公高 / 動画編集をやってみた!
2021.07.28 荒木尚美 / スティービー・ワンダー
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5