トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


>Re:
松前公高

さて、トイロのココロ、原稿どうしようか?他の作家の連載を読んでいると、う~んなんか微妙に関心、関連ある内容、気になる事がいっぱいある。
「~~さん、トイロのココロ読んだよ!」と個人的に連絡すればいいのだけど、それをあえて公開の場でするのが、今風?(笑)と思って、今回私の原稿は、何人かの最近のトイロのココロへの反応!を書く事にした。
ちょうど「COLORS」発売の対談で、横川理彦氏との対話が掲載されたが、今回は、記事に対して「勝手に返信」あるいは、ただの「ツッコミ」「話題パクって自分も書いてみる」。

そうか、ゲイリーのスタジオ初仕事はあのモダンチョキチョキズのアルバムだったのか。
僕も同じアルバムで依頼されて、一曲アレンジをした。「オーチェルシー」という曲で、デモテープはアレンジが全く施されていない歌っただけのものだったけど、メロディや歌にパワーを感じた。楽しくてチープで古いシンセミュージックにしようと、かなりペリ-&キングスレイに寄せたサウンドになった。
サウンドは1つ1つサンプリングしたSEを組み合わせてリズムを作る。今なら割と簡単に大量のサンプルを並べて鳴らせるが、当時は1つ1つ、ハードウェアのサンプラーに取り込んで、鍵盤に割り当てていくのでかなり大変だったが、それでもテープを使って制作していた時代から比べれば全く苦労のうちに入らないな。楽しい制作作業だった。

オーチェルシー / モダンチョキチョキズ

私も中学時代からクラブ活動は吹奏楽だった。中学ではトロンボーンを担当。高校に入ったら木管楽器をやりたかったのだけど、残念ながら木管は女子で既に満席。かといって金管楽器はもうやめたいと思っていて結局、パーカッションをやる事になった。高校一年の頃は一年間、毎日、シンバルを叩いていた記憶がある。もちろんスティックを持って練習もしていたけど、ほとんどは机を叩いていた。笑
サンプリングやDAWのおかげで、今では指揮者の様に様々な楽器の音を再現して音楽を作って仕事にしているのだけど、あの大編成での合奏の楽しさを味わえないまま何十年もたってしまった。どこかのアマチュア楽団に所属しない限り、もう死ぬまであの興奮は味わえないのだろうか。
当時はユーフォニウムの音が一番、やわらかくて好きだった。大人になってからはフリューゲルホルンの音に魅了され、再び金管楽器をやってみようかと思ったが、谷口と違い購入には至らなかった。

YOUTUBEで「フリューゲルホルン」を検索すると自分が知っているアーティストの演奏としてはこれが最初に出てきたので、チャックマンジョーネを!

80~90年代、ほとんどの収入は機材に費やしていた。とにかくビンテージシンセ買いまくって、エフェクターを買いまくって、部屋は要塞か、宇宙船の操縦席かの様に機材に囲まれていたが、今となってはパソコン一台と入力鍵盤とスピーカーだけで出来てしまう。ほとんどの機材は、大阪移住の時に手放したが、それでも手放す事ができなかったのが、私もMU-TRONのフェイザー。バイフェイズを含め何台か持っていた。あとはMOOGのグラフィックイコライザー、パラメトリックイコライザー。これも最大5台持っていたと思う。つい最近まで所有していたけど、どんどん使用する機会が減って、手狭な部屋の押し入れとの兼ね合いで、遂に手放してしまった(機材を集めた話、手放した話はいずれここで記事にしたいと思っている)。
手放した理由にソフトウェアのフェイザーで優秀なものが増えてきた点がある。MU-TRONのフェイザーのソフトウェア化もされているし、つい最近、遂にMOOGのラックエフェクターのシリーズもまとめてソフトウェア化された。グライコ、パライコの他、ハードウェアでは手に入れる事ができなかったフェイザー、リングモジュレーター、ボコーダーなどもまとめて安価で手に入れる事ができた(再現性については今後に期待したい)。

photo01
(画像をお借りしました)

デレク・ベイリー大好きです。がそこに到達するまでに、私の場合、まずプログレを聞いていた事があって、ヴァージンレコードから「哀しみのヨーロッパ/スラップハッピー&ヘンリーカウ」が日本で発売され、当時シンセを多用したプログレをメインに聴いていた事もあって「史上最悪のハズレだ~」「今まで買ったレコードの中で最低だ!」という第一印象。が、その第一印象も一ヶ月程度で崩れ、ドハマリし、結局ここからヘンリーカウ、アートベアーズ、そしてフレッド・フリスのギターソロの来日公演を経て、デレク・ベイリーにたどりつきました。当時はまだ子供で、真似事したりしたなあ。笑
プログレからフュージョン、AORの方に傾いたり、プログレからテクノ、ジャーマンの方に傾いたり、プログレからミニマル、現代音楽に傾いたり、プログレからレコメン、フリーへ傾いたり、結局境界線はないけれど、振れ幅も広いものだな。

Desperate Straights / Slapp Happy & Henry Cow
Guitar Solos / Fred Frith

トイロ・ミュージック設立の時、まず最初に思い浮かべたのが「トイロ」って「トロイ」に似てるなあ…だった。今から29年前、加藤賢崇のプロデュースでコンピレーションアルバム「トロイの木馬」に参加させてもらった。実はこの収録曲で初めてリットーミュージックのキーボードマガジンの取材を受けたり、本格的にソロ活動を始めるきっかけにもなった。そして今回、トイロ・ミュージックのコンピレーションCDで、「トロイの木馬」でお世話になった彼とまた一緒に曲が収録される事になったのが、とてもうれしい。けんそ~!私のアルバムの紹介もありがとう。

Chartreuse / Kenso Kato

マネージャーの三宅治子は彼女が女子高生だった頃から知っている。加藤賢崇同様、もう35年以上の知り合いになる。実は彼女のこの貝の趣味は、私にも大きく関係する事となった。貝の収集の趣味がきっかけで音楽関係の方と知り合いになり、そのきっかけでいまだに、私が仕事をやらせてもらっているのだ。日々、我々作家の為に活躍してくれている、今やなくてはならないマネージャーだ。感謝。


記事一覧
2022.12.07 郷拓郎 / リアルタイム力
2022.11.30 Gak Sato / ジョン・ケージ再考
2022.11.23 加藤賢崇 / 「かとうチェンソーです」
2022.11.16 三宅治子 / BBと後遺症
2022.11.09 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。2022秋
2022.11.02 藤本功一 / カタールワールドカップアジア最終予選と川崎のバンディエラ
2022.10.26 冷水ひとみ / ライブの重み
2022.10.19 松前公高 / ペットボトルの蓋
2022.10.12 荒木尚美 / もう一人の理想の自分
2022.10.05 辻林美穂 / しんにょうの点 1つか2つか問題
2022.09.28 薄井由行 / 追加CD2種紹介
2022.09.21 ゲイリー芦屋 / 続・趣味について
2022.09.14 谷口尚久 / インド
2022.09.07 クニ杉本 / 「clockmusic」配信終了のお知らせ
2022.08.31 横川理彦 / 機械の音楽
2022.08.24 郷拓郎 / アクロス・ザ・メタバース!
2022.08.17 Gak Sato / ピエトロ・グロッシやってみた
2022.08.10 加藤賢崇 / 自分の曲なのに?
2022.08.03 三宅治子 / ゴシップガール
2022.07.27 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。アゲイン
2022.07.20 藤本功一 / 私語
2022.07.13 冷水ひとみ / 元気な人
2022.07.06 松前公高 / Re:趣味について
2022.06.29 荒木尚美 / 年をとるということ
2022.06.22 辻林美穂 / 利き手と生き方って関係ある?
2022.06.15 薄井由行 / CD2種紹介
2022.06.08 ゲイリー芦屋 / 趣味について
2022.06.01 谷口尚久 / 「キエフの大門」
2022.05.25 クニ杉本 / 配信開始!Coba-U「SF」「ハイファイ」「星空と神様 ambient night mix」解説。
2022.05.18 横川理彦 / 映画音楽あれこれ
2022.05.11 郷拓郎 / 記憶と夢と私とハイボール
2022.05.04 Gak Sato / ヴェネチア ビエンナーレ
2022.04.27 加藤賢崇 / お色気で輝く音楽
2022.04.20 三宅治子 / 写真について
2022.04.13 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。
2022.04.06 藤本功一 / 本日のどうもこうもないか
2022.03.30 冷水ひとみ / リアルタイムのリアル
2022.03.23 松前公高 / >Re:
2022.03.16 荒木尚美 / 影響を受けた作品
2022.03.09 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆の答え合わせ
2022.03.02 薄井由行 / 普段愛用している文房具4点の紹介
2022.02.23 ゲイリー芦屋 / 『渚の天使』再考~前篇
2022.02.16 「Colors」連続インタビュー#3
2022.02.09 「Colors」連続インタビュー#2
2022.02.02 「Colors」連続インタビュー#1
2022.01.26 谷口尚久 / 金管楽器など
2022.01.19 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材④ ~MU-TRON III+
2022.01.12 横川理彦 / デレク・ベイリーと落語
2022.01.05 郷拓郎 / 本物の偽物(または偽物の本物)
2021.12.29 Gak Sato / 作曲しない
2021.12.22 加藤賢崇 / トイロとトロイ
2021.12.15 永田太郎 / 2021年に良く聴いた音楽
2021.12.08 藤本功一 / 初期衝動
2021.12.01 三宅治子 / 貝のはなし
2021.11.24 冷水ひとみ / 未来がきた! 感涙モノのiPad楽器
2021.11.17 松前公高 / 大阪、渡し船の旅
2021.11.10 荒木尚美 / Dreams Stay With you
2021.11.03 辻林美穂 / 変な仕事をしていた話
2021.10.27 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その2
2021.10.20 ゲイリー芦屋 / 映画「かそけきサンカヨウ」公開に寄せて
2021.10.13 谷口尚久 / 1971
2021.10.06 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材③ ~ROLAND RE-201 Space Echo
2021.09.29 横川理彦 / 私は放送委員長
2021.09.22 郷拓郎 / 時代の見える機材遍歴の一例
2021.09.15 Gak Sato / 住処の話
2021.09.08 加藤賢崇 / テクノ・ウエスト・サイド・ストーリー
2021.09.01 三宅治子 / 松前さん/マフィンズ/マフィン
2021.08.25 永田太郎 / バックアップ
2021.08.18 藤本功一 / ある夜のありきたりな話
2021.08.11 冷水ひとみ / 幻の ”一弦フェスタ”
2021.08.04 松前公高 / 動画編集をやってみた!
2021.07.28 荒木尚美 / スティービー・ワンダー
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5