トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
藤本功一

音楽の会社とはいえ、音楽の話ばかりするのもどうなのかな、ちょっとそれ以外の話もした方がいいんじゃないのかな。ということで、2020年に日本で公開された映画やドラマの中から、青春もの(もしくは成長譚もの)としてわたしが好きだった作品を5つセレクト、劇中で使われている楽曲とともに紹介していきます。…結局、音楽の話するんじゃねえか。

「ハーフ・オブ・イット 面白いのはこれから」
If You Leave Me Now - Chicago(1976)
・作品紹介
アリス・ウー監督が16年ぶりにメガホンをとったNetflixオリジナル作品。同級生のポールからラブレターの代筆を頼まれた成績優秀なエリー。しかし、そのラブレターの相手は、自分も密かに想いを寄せている女の子で…

ラブレターの代筆による三角関係を描いた青春映画…そう聞くと少し古典的に感じるかもしれませんが、しかし、数多の引用を織り交ぜた軽妙なシナリオによって紡がれていく物語は現代的かつエモーショナルで、いやもう、ホントに良いの!ホントに!(急にテンションが上がって)
他者と関わる中で相手を理解しようと努力し、同時に自分とも向き合い成長する。そして、旅立つ。いやあ、青春ですね。そんなストーリーの"山場"のひとつで流れるのがChicagoの「If You Leave Me Now」。それがどんなシーンなのかは是非ご覧になって確かめて下さい。


「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」
Nobody Speak feat. Run The Jewels - DJ Shadow(2016)
・作品紹介
オリヴィア・ワイルド監督、初の長編作品。高校生活の全てを学業に捧げたモリーとエイミー。卒業式の前日、同級生たちに進路を聞いてみると、遊んでばかりだと思っていたはずのクラスメートも自分たちと同様にハイレベルな進学先へ進むとわかってショック。モリーとエイミーは勉学のみに費やした高校生活を取り戻すべく、一念発起して卒業パーティーへ乗り込むことを決意する。

いわゆるアメリカンハイスクールもののコメディなんですが、現代的なある種の理想像を提示しながらも、そんな"意識の高さ"を微塵も感じさせることなく、マシンガンのような勢いで矢継ぎ早に繰り出される下ネタ、そしてFワード(笑)。知性を悪ふざけとエモで包み込んだ青春映画の新しいスタンダードが生まれてしまったなあという感じです。ヒップホップを中心とした劇中音楽の選曲もとても良くて、その中でも印象的な使われ方をしているのが、DJ Shadowの「Nobody Speak」。めっちゃクールっす。

「ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!」
Flooding Secrations (feat. Eemeli Bodde) - Mika Lammassaari, Eemeli Bodde(2018)
・作品紹介
フィンランドのコメディ映画史上、最大規模の予算が投入されたメタル大作!…というキャッチフレーズが既に面白い、フィンランド発のヘヴィメタルコメディ。フィンランドの田舎町でメタルのコピーバンドを12年間続けてきた若者たちが、初めてオリジナル曲を作り、ノルウェーで開催される大規模メタルフェスに出演するまでの珍道中を描く。正確には2019年12月27日公開ですが、まあ、細けえことはいいんだよ。

この映画、劇中で起こる出来事のほとんどが馬鹿馬鹿しくて最高です(褒め言葉)。フィンランドは人口比としてのメタルバンドの数が世界で一番多いというメタル大国で、つまり、一般的にフィンランドと言えば「サンタクロースかサウナかメタル」なわけですが(わけですが?)、そんなメタル大国が本気でメタル映画を作ったら、そりゃ面白いのは当然ですよね(ですよね?)。しかも、ちょっと感動もできちゃうからすごい。紹介する曲は、主演のバンド("Impaled Rektum" 訳:直腸陥没)のオリジナル曲。普通にかっこいいので困ります。

「アルプススタンドのはしの方」
青すぎる空 - the peggies(2020)
・作品紹介
高校野球甲子園大会の一回戦、野球部の応援に駆り出され、アルプススタンドの端でグラウンドを見つめる4人の生徒とその同級生のブラスバンド部員、そしておせっかいな教師によって繰り広げられる青春群像劇。高校演劇の戯曲が原作という異色の作品で、メガホンをとるのは城定秀夫監督。

少人数の会話劇を中心に進行していくのですが、なぜこんなに感動してしまうのかしらというほど感動してしまいます。それぞれがそれぞれの気持ちで見つめるグラウンド、そして同時進行で語られていく"はしの方の彼ら"の青春。「しょうがない」という言葉を許容しつつも、「その次に何をするのかが大事」というメッセージがとても熱く、そして、「しょうがない」で終わらせなかった"彼"の名前が叫ばれる時、涙腺は大崩壊ですよ。まいったね。主題歌になっているthe peggiesの「青すぎる空」、 高校生の青春ストーリーにぴったりです。

「クイーンズ・ギャンビット」
Classical Gas - Mason Williams(1968)
・作品紹介
原作:ウォルター・テヴィス、監督・脚本:スコット・フランクによるNetflixオリジナルドラマシリーズ。交通事故で母親を亡くしたベスは孤児院に引き取られ、そこで働く用務員からチェスの手ほどきを受ける。里親へ出された後、類まれな才能によってチェスの世界で一気に頭角を現したベスは、その実力で自らの人生を切り開いていく。

少年ジャンプ的な(または昭和的な)スポ根物語と、60年代のアメリカのおしゃれさを奇跡的なバランスで掛け合わせた話題の作品。ストーリーは王道かつ熱血でグッときますし、画面に映るものは大抵おしゃれで眼福ですし、観ていて非常に楽しいです。劇伴も素晴らしいのですが、60年代当時の既存曲の使い方も良くて、Mason Williamsの「Classical Gas」が流れるシーンなどは本当に「おしゃれな少年ジャンプ」といった趣き。おすすめです。


記事一覧
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5