トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


愚かなり我が心(My Foolish Heart)
横川理彦

 昔、友人たちとTascam 244で曲作りをしてる最中、突然「しょうもない、ションベンくさい曲が好きやねん」と言われて、どうゆう話の流れだったのか忘れてしまったけど、その曲はミーナの「砂に消えた涙」だったのかPilotの「Magic」だったのか、それともゾンビーズの「ふたりのシーズン」だったのかしら。
 今回、自分の生涯ベストソング(断然、Slyの「Family Affair」)とかビートルズのベストソング(「Come Together」かなー)とか、立派なことを書こうとしていて、この友人の過去発言を思い出し、「好きだというのが恥ずかしい、好きな曲」という基準でマイベストを選んでみる事にしました。生涯、中二病でしょうか。

1.麻丘めぐみ「森を駈ける恋人たち」
 いや、アイドル好きではないですよ(必死)、ジリオラ・チンクエッティの「雨」とかマージョリー・ノエルの「そよ風にのって」とかの邦楽版。ピック弾きエレキベースの8ビートがカッコいい、筒美京平先生の極私的ベストソング第3位です(ちなみに、1位は西田佐知子「くれないホテル」、2位は欧陽菲菲「恋の十字路」)。

2.ウィルマ・ゴイク「花のささやき」
 1966年サンレモ音楽祭入賞曲。中2でロックに目覚める(学校で映画「Let It Be」を見に行ったせい)直前、ラジオの深夜放送を親に隠れてイヤフォンで聞いていた頃に刷り込まれたとおぼしき曲。しょぼいエレキギターの音色がたまらん。

3.ドヴォルザーク「新世界より」第2楽章 第2主題
 チャイコフスキーの「くるみ割り人形」は、今でも正々堂々好きだと言えるのだけど、ドヴォルザークのココ(5分48秒あたりから)は恥ずかしい。くだらないマイナー好みと思われ。中1の頃学校帰るなり即レコードを大音量でかけて没入(登校拒否になりかけていた)、近所に迷惑かけまくりでした。

4.荒井由実「晩夏」
 荒井由実は「ベルベット・イースター」を好きだというのは恥ずかしくないのだが、「花紀行」と「晩夏」を好きだと公言するのは恥ずかしい気がする。なぜでしょうか。「晩夏」はNHKのドラマの主題歌で、都会と田舎の対比を描く山田太一の脚本と、お先真っ暗な方向にドロップアウトしつつある大学生の自分(バンドしかやる気なし)を重ね合わせ、丘から犬の名前を呼びながら下りたくなった帰省中の夏の終わり。

5.ジョン・カーペンター「エスケープ・フロム・ニューヨーク」
 ん、これはかっこいいのかも。主旨が違う気もするけれど・・・。映画監督ジョン・カーペンターは、シンセサイザーで自分の映画に音楽も付けてしまって、言いたいことがストレートに伝わってくる、おもしろ音楽家。ライブもやってる。バカバカしく清々しい。

6.春日八郎「お富さん」
 最後は、この曲でお別れしましょう。Spotifyはライブ録音しかなかったのですが、ぜひ1954年のオリジナル・バージョンで聞いていただきたい。実は三橋美智也の「達者でナ」とどちらにしようか迷ったのですが、ダンサビリティ(ダンス誘発性)の観点から、こちらを選択。両曲ともに、子供の頃は死ぬほど嫌いだったのに、今「恥ずかしいけど好き」と思う自分が嫌い。タンゴやファドも聞くし、アルフレッド・ハウゼの「真珠貝採り」(原曲はビゼー)みたいなムードミュージックもエキゾチックで好きだったのに、日本の歌謡曲だけは今だに抵抗感があって、たまに好きなものがあると共感性羞恥らしきものが発動するのです。


記事一覧
2021.10.13 谷口尚久 / 1971
2021.10.06 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材③ ~ROLAND RE-201 Space Echo
2021.09.29 横川理彦 / 私は放送委員長
2021.09.22 郷拓郎 / 時代の見える機材遍歴の一例
2021.09.15 Gak Sato / 住処の話
2021.09.08 加藤賢崇 / テクノ・ウエスト・サイド・ストーリー
2021.09.01 三宅治子 / 松前さん/マフィンズ/マフィン
2021.08.25 永田太郎 / バックアップ
2021.08.18 藤本功一 / ある夜のありきたりな話
2021.08.11 冷水ひとみ / 幻の ”一弦フェスタ”
2021.08.04 松前公高 / 動画編集をやってみた!
2021.07.28 荒木尚美 / スティービー・ワンダー
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5