トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


2020年にハマった事!
松前公高

「5つぐらい 2020年の音楽?」という話だったのだけど、、前回の辻林美穂さんが、音楽の枠を取り払ってくれたので、僕も気楽に2020年にハマったものを好き勝手に書いていきたい。



自宅滞在で、2020年は、よりYouTubeを観る事になった。B級グルメ系 が多いなあ〜。大阪の安い店、立ち飲み、ディープな店を紹介する「タケヤキ翔/ラトゥラトゥ」、「れいランラン」、「うどんそばUdonsoba」などがお気に入り。
コロナで東京へ行く機会も少なかったけど、「SUSURU TV.」、「藤井21チャンネル」など、東京中心のものもチェック中。
中でも一番衝撃的だったのが「なおたか酒場」。六本木で2時間食べ飲み放題で1000円の店が紹介されていた。ちょうど公開された直後に東京に行く機会があり、行ってきました。

料理も酒もおいしくて、おそらく人生で最高のコスパだった。今は店内せんべろセットもあるみたいです( 別の日に紹介されています )。


B級グルメ系YouTubeチャンネルで話が全部終わりそうなのでかなり割愛します。



次が お笑い。YouTubeで何よりうれしいのは、ラジオの放送が聴ける事。以前は違法に編集したものが多かったのだろうが、最近は公式も多くなってきたし。「ウーマンラッシュアワーのオールナイトニッポン」は全部、大好きで聴いていた。
そんな中、漫才だけだと気がつかなかった魅力を発見したのが「ハライチ」の岩井勇気氏のトーク。

細かく書くとネタバレになりそうなのでこれ以上、書かないでおく。

お笑い大好きで、関西で若手の頃から応援していた人たちは、もう書くまでもない程、売れてしまった。「千鳥」、「かまいたち」最近では「おいでやす小田」。ただただ嬉しい。「あの頃から知っていてファンだったのに、売れちゃって、、、」っていう話は、音楽でもよくある話だけど、売れた事でスタイル変わって残念って事じゃなく、変わらないスタイルで売れたのだから、心から喜べる。
千鳥の「相席食堂」はスタート以来、欠かさず観ている。大阪制作の番組だが2021年1月からテレビ朝日でも放送がはじまったそうで。(以前からGYAOなどでは観られたのであまり変わらないのか?)ちーよ!




もう1つ、YouTubeでお気に入りなのが、宇宙系。ドキュメント系もそうだし、誰かがやってるチャンネルも結構みてる。「宇宙ヤバいch」、「日本科学情報」、「国立天文台」、「宇宙ふしぎ発見」、「ドキュメンタリ」。宇宙の大きさ、地球46億年の歴史、隕石で地球なんて一瞬で終わる事を考えると、芸術作品を残す事なんて不可能だと考えさせられ。歴史に記録残す?未来永劫?残念だけど作品は何億年は残らないのだよ。その時、その時、感じあえる人に何かを伝えればそれだけで十分なんだよ。ルネサンスの絵画も、マイケルジャクソンの音楽も、隕石1つで宇宙から消えてなくなってしまうんだよ。どんなに努力しても何も残らないんだよ。「残す事」「記録」に固執しない。日々の小さな悩みがバカバカしく思える。




そんな感じでYouTubeみてる日々なのですが、、

考えてみたら僕は20年前ぐらいからテレワークなのだ。
当時、世田谷で生活をしていたが、ライブの仕事、自宅で制作、スタジオでの仕事が、ほぼ3等分といったスタイル。
それが徐々に「自宅での制作」が多くなっていって、バイク便で納品といった毎日。
世田谷に住んでおきながら、家に篭もって外出といえば深夜のラーメンぐらい。
ネット環境が良くなりだして「これならどこに住んでても同じ?」「なんでド高い家賃払って東京住んでんねん?」
意を決して故郷、大阪へ帰る事にした。ネット環境、子供の年齢、大阪のテレビ番組が観たい、大阪の立ち飲み屋、両親が高齢といった様々な理由すべてがマッチしてそのタイミングとなった。打ち合わせで東京に行く事もあるが、2020年も変わりなくテレワークしている。

ただ、それでも2020年はやはり異常だった訳で、自宅で時間が出来た。
普段やらない事をいいろいろやった。

まず「断捨離」。
既にハードウェアシンセサイザーやアナログレコードは、かなり処分して、ほとんどない状態。次に手をつけたのはCD-R、VHSビデオ、DATテープ、カセットテープだった。
自分の作品をハードディスクにまとめる作業。そんな中で知人の作品もメタルテープやDATにダビングしたものが出てくる。
特にお気に入りだった「Arno & Analogics」のCD-R。当時CSV渋谷が出していたカセットマガジン「Hi'lde #2」に収録されている。他にケラがボーカルで当時の我々周辺がバックを務めた曲をはじめ、当時僕が在籍していた「きどりっこ」も収録されていたカセットマガジンで、その曲は異彩を放っていた。
他のすべてがニューウェーブ、アンダーグラウンド的なアーティストだったのだが、これだけが、どう見ても大学生がやってるアマチュアバンドだったのだ。でも、その曲があまりに魅力的で。一聴して虜になってしまった。

「きどりっこ」はガンガン押しまくる、ちょっとお笑いもある不思議系、ニューウェーブバンドだったが「Arno & Analogics」は写真を見る限り、趣味でやっている様な、お上品な若くて可愛い女の子を、これまた高学歴な大学生二人が誘って録音したという(あくまでもイメージ)感じで、矢野顕子さん、大貫妙子さんに通じる落ち着いたサウンドはガツガツしていた自分にはとても魅力に感じたのだった。
そのカセットブックを出版したCSV渋谷に出入りしていた僕は、こっそりこのデモテープをダビングして、当時は今ほどプライバシーにも厳しくなかったので、連絡先まで教えてもらって、作曲の男性に電話をかける事までした。残念ながら連絡をとる事は出来なかったのだが、2020年まで決して忘れることなく大ファンで、その後メンバー表記だったエンジニアの力武さんと、NIFTYサーブだったかmixiだったか?知り合う事が出来て、リマスタリングしたCD-Rまでいただいた。
2020年断捨離中に、そのCD-Rが出てきたのだが、この原稿を書くにあたってYouTubeのリンクを調べたら、あった!あった!〜

投稿者A.suzukiさん.......ん??この方の投稿を見てみると..まさか?ボーカルのARNOさんでは?。大学生の友達に頼まれて仕方なしにボーカルをやって、今はもう何も音楽業界に関わっていないだろう(あくまでもイメージ)と「予想」した歌姫は、実は他のメンバーよりずっと精力的に音楽活動をされていると知った。
SNSの力を借りて、ヤバいオヤジと思われてもいいので勇気を出して連絡してみたら、やはりそのボーカリストARNOさんで、当時の話や、その後の活動をお聞きして、Hi'ldeに収録されなかったもう一曲のデモテープ「Remember」も、アップしていただいた。
80年代的なテクノポップで自分がたどり着けなかった、僕の心に35年、ずっとずっと鳴っていた8分コードのサウンドは、いまだに自分の作品に影響を与えている。




5つめ。この自粛期に家で一番時間を費やしたのは、ソロアルバムの制作。
ディスクユニオンからお誘いいただき「あなたはキツネBEST+40TRACKS」「松前公高WORKS」という、過去の遊び作品、仕事作品をまとめた各2枚組を2つ。(このコーナーで自分の宣伝をするのは、とても気が引けるが、最後にあっさり短めに、、、)


記事一覧
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5