toyro no kokoro logo

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


大解説「大病院占拠 オリジナル・サウンドトラック」
ゲイリー芦屋

いやー、最終回素晴らしかったですね!浅野忠信が不穏な雰囲気で現れた第9話のラストで一体どうなってしまうのか…朝ドラ絡みのネタも多い中で浅野忠信といえば「おかえりモネ」の妻を亡くした漁師の役、これは重い展開くるか~と身構えておりましたら見事な着地で大風呂敷を畳む様相は「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」のニヒリズムの果ての優しさに通じる世界であり、ここまで楽しませてくれて本当にありがとう!という気持ちに…って違う違う!違うドラマだよ、そうじゃない(笑)!「大病院占拠」は今週末、これから最終回です!

という訳で僕が音楽を担当させて頂きました日テレ土曜ドラマ「大病院占拠」のサウンドトラックが本日3/15にめでたくリリースとなりました。今回は弊社トイロミュージックのリレーコラムを大占拠して、「大病院占拠」の音楽の解説をお送りしようと思います。
CD盤には参加ミュージシャン、スタッフのクレジットは入っていますがいわゆるライナーノーツ的なものがありません。サントラ盤をお買い求めになってくださった方はお手元のCDと合わせて、またそうでない方も各種サブスクの配信を聴きながら読んでいただけるとより一層楽しんで頂けるかと思います。

まずは先頃公開しました「大病院占拠 サウンドトラック・メイキング映像」について補足を。映像が収録された12/25、まずはアンセムコーラスの國土佳音さんの録音からスタート。午後から夜にかけて金管隊、夜遅めから門脇大輔ストリングス、そして夜中過ぎから竹中俊二さんのエレキギターのソロという順に録音して、全部終わったのが夜中の2時過ぎくらいだったでしょうか。かなりくたくたになって帰りのタクシーの中で寝てしまったのを覚えています。映像では1曲頭から最後まで録音してる風ですが、実際は切りのいい所で止めながら作り上げていきます。コンサートマスターの門脇大輔氏とのやりとりは一切収録されてないですが、常に「ここはどうする?」とか「音価、もっと短めで!」などと補足的なアーティキュレイションのディレクションし、コミュニケイトしながら作り上げていきます。僕はコントロールルームからトークバックで話すのがまどろっこしいので、オーケストラ中央のコンダクター席にいる事が多いです。でもこうして映像に残すと自分でも色々な気づきがありますね。今回とても刺激的だったので、メイキングは今後もさらに本格的にやってみようかなと思っています。

日テレ 土曜ドラマ『大病院占拠』サウンドトラック・メイキング映像
Trk-1「大病院占拠 メインテーマ」

番組のOP曲として一番最初に書いた曲が実は後に「武蔵三郎のテーマ」となる曲だったのですが、「ヒーロー側に傾きすぎている、もう少し鬼サイドも包括する狂った雰囲気も欲しい」…という理由でボツになったので、新たにエキゾチックで怪しげな方向性で作った曲が「大病院占拠 メインテーマ」です。ガムランのイントロに導かれDrum’n’Bassっぽいトラックに乗せてエキゾチックなアンセムコーラスが駆け抜ける…そんなオープニングテーマになりました。

Trk-11「百鬼夜行」

さらに「大病院占拠 メインテーマ」のイントロ部分のガムランを発展させてメロディーを膨らませたものが「百鬼夜行」という曲です。鬼たちが百鬼夜行ちゃんねるで配信を行う時にBGMとして流れていることが多かったと思います。さて、一体なぜ鬼がガムランなのか?…という問いには明確な答えがあります。ガムランは青銅製の打楽器で非西洋的な音階による金属的な響きが特徴です。普通のドレミファソラシド~とは全然違う音階でガムランは鳴ってまして、それが独特の浮遊感だったり聞いた事のない異世界観を醸し出している訳です。この金物がキンキン鳴り響いて奏でる音楽…というところがポイントで、お経っぽい曲=Tr3.「鬼」にも金物を叩く音が沢山フィーチャーされているのですが、とにかく鬼が出てくる場面ではこのキンキンした響きが印象に残るように劇伴は組み立てられています。なぜ鬼が金物なのか?実は第1話ですでに大きなヒントが…っと最終回前なのでネタバレ厳禁、あとは皆様で考察してください。
この「百鬼夜行」はいわゆるAKIRAで有名な芸能山城組によるガムランの再現というよりはもう少しニッチな西ジャワ地方のスンダ・ガムランからの影響が強く出た曲になったと思います。この辺りのイメージの源泉は学生時代に民族音楽のゼミで聴いて虜になった「Degung Sundanese Music of West Java」でしょう。儚くも繊細で美しい蜻蛉の羽のような音楽です。

Sablulungan/Suara Parahiangan
Trk-3「鬼」

「百鬼夜行」からの流れを受けて、鬼たちが第1話で病院占拠する時にかかった通称お経みたいな曲=「鬼」という曲にも触れておきましょう。お経風ではありますが文言はデタラメ+ちょっとだけサンスクリット語入っています。鬼を単なる悪役として描かず、むしろダークヒーロー的に見せるために音楽で何ができるだろうか?どんな東洋的な音楽要素がありえるだろうか?と考えた時に、パッと思いついたのがレインボーマンでした。主人公のヤマトタケシは般若心経の一節を唱えることでレインボーマンに変身するのですが、それがやたらかっこいいんですよね。他にもジョージ秋山の漫画「ザ・ムーン」で9人の子供たちが巨大ロボ、ムーンを動かす為に般若心経を唱えて精神統一するのもイメージの源泉ですね。もう一つ、ドハティ版ゴジラのキングギドラのテーマでも音楽のベアー・マクレアリーが本職のお坊さんを呼んで般若心経をアレンジしたものを唱えさせていましたが、さすがに本職のお坊さんによるお経は日本人的には割と馴染みが深すぎてもうひと捻り欲しいよね…というところでホーメイでお経をやったら…という組み合わせを思いつきました。
 ホーメイというのはモンゴルの伝統的な唱法で、唸り声のような超低音と笛のような音を同時に発声する倍音唱法です。普通にお経を吟ずるよりも深く重く禍々しい響きに聴こえます。ホーメイをやってくださったのは元・倍音Sのボイス・パフォーマー、尾引浩志さんです。尾引さんは以前に僕が音楽を担当したドラマ「ザンビ」の劇伴にもホーメイで参加して頂いています。 ホーメイがどういう音楽かわかりやすい例を聴いて頂きましょう。「鬼」で聞かれるお経の吟唱との相似を感じて頂けるかと思います。

Khoomei solo/Ay Kherel
Trk-4「武蔵三郎のテーマ」

ヒーロー=武蔵三郎の活躍を彩るスタイリッシュなテーマ曲としてオープニングの直後の提供バックで毎回使われるとともに、武蔵が攻勢に出る時など本編中のいいところで使われています。元々はこの曲をオープニングテーマにする予定で作っていました。変拍子が特徴的なこの曲を聴いて「ミッション・インポッシブル」を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。延々リフを繰り返す所やいわゆるスパイ物、刑事物っぽいメロディーという点に於いて限りなくそういう遺伝子を受け継いだ曲である事は間違いないと思います。他にも「S.W.A.Tのテーマ」とか「刑事コジャック」、「秘密指令S」、「サンフランシスコ捜査線」などなど…そういう「犯罪捜査感」の香りのするメロディーは枚挙にいとまがありません。そういった系譜は洋ドラだけではなく本邦の刑事ドラマにも受け継がれています。「武蔵三郎のテーマ」のメロディーをトランペットが奏でている所などはもしかしたら「大激闘マッドポリス’80」への無意識の目配せだったかも(多少強引なこじつけなので話半分で聞いてくださいw)。個人的にはそもそも「大病院占拠」という番組名の向こうに「大都会」「大追跡」「大激闘マッドポリス’80」という日テレ刑事ドラマの系譜を感じている今日この頃です。

大激闘マッドポリス’80 オープニング/大野雄二
Trk-15「大病院占拠 愛のテーマ」

悲劇や愛情、思慕など感情が溢れるシーンなどで使われるように書いた、いわゆる「泣かせ」の曲です。こういう曲に「愛のテーマ」なんてタイトルをつけてしまうのがサントラ好きの悲しい性なのでしょうか。80年代くらいまでは洋画のサントラのテーマ曲のシングルカットには必ずこの「愛のテーマ」のタイトルがあったように思います。「タワーリングインフェルノ 愛のテーマ」とか「カサンドラクロス 愛のテーマ」とか…。ジェリー・ゴールドスミス「オーメン 愛のテーマ」なんて素敵ですね。ピノ・ドナジオ「殺しのドレス 愛のテーマ」の日本盤7インチは深町純がアレンジした歌物で、テリサ・マックスウエルなる歌手が歌っているのですがかなりグダグダな歌唱な上にどう聞いても日本人ぽい発音で失笑してしまうんです。が、これはこれでまたいい味があったり…。いつかこういう「愛のテーマ」の7インチだけでDJプレイとかしてみたいですね。

オーメン 愛のテーマ/ジェリー・ゴールドスミス

話題性のある曲を何曲かピックアップしてお届けして参りましたがいかがだったでしょうか?そしていよいよ今週末は最終回!すべての謎が解き明かされる驚きの展開!その先に何が待っているのか?!とにかく視聴者のみなさんの考察を見るのが本当に楽しい3ヶ月でした。考察系のYou Tuberやツイート、盛り上がってますよね。音楽にも伏線は仕込んであったりもするんですがあまり気がついては貰えないのが残念なところです。

というわけで最後まで「大病院占拠」、是非お楽しみください!


記事一覧
2024.07.17 加藤賢崇 / 笑み眠む風で似~
2024.07.10 三宅治子 / お菓子作りについて
2024.07.03 永田太郎 / 最近聴いて良かったもの。
2024.06.26 藤本功一 / いいと思います
2024.06.19 冷水ひとみ / インソムニア グッズ
2024.06.12 松前公高 / 最近観てるYouTubeチャンネル その3
2024.06.05 荒木尚美 / 魅惑(?!)のハイウエスト
2024.05.29 辻林美穂 / くじ運、ちょっといい
2024.05.22 薄井由行 / 5月22日の記念日
2024.05.15 ゲイリー芦屋 / あの頃の渋谷〜『95』「バウンス ko GALS」)
2024.05.08 谷口尚久 / もう食べられないもの(幸福について)
2024.05.01 横川理彦 / 私のヒップホップ
2024.04.24 郷拓郎 / だが、情熱は…
2024.04.17 Gak Sato / 台北経由で半年ぶりのミラノ、そしてデザイナー城谷耕生のこと
2024.04.10 加藤賢崇 / 野球とレコード
2024.04.03 三宅治子 / 寝つきについて
2024.03.27 永田太郎 / 最近聴いて良かったもの。
2024.03.20 藤本功一 / まわしもの
2024.03.13 冷水ひとみ / よくわからないけど人気のモノ(日本編)
2024.03.06 松前公高 / 最近観てるYouTubeチャンネル その2
2024.02.28 荒木尚美 / 「おっさんずラブ」
2024.02.21 辻林美穂 / 最近観てるショート動画
2024.02.14 薄井由行 / 2月14日の記念日
2024.02.07 ゲイリー芦屋 / 日々雑感~2024年1月
2024.01.31 谷口尚久 / どこまでが音楽なのか問題
2024.01.24 横川理彦 / 映画音楽の楽しみ
2024.01.17 郷拓郎 / 試験的日々
2024.01.10 Gak Sato / DJ再考
2024.01.03 加藤賢崇 / 川島のオハコを紅白で聴いた
2023.12.27 三宅治子 / 2023年の漫画と料理
2023.12.20 永田太郎 / 最近聴いて良かったもの。
2023.12.13 藤本功一 / 経過と記録
2023.12.06 冷水ひとみ / パンのご機嫌
2023.11.29 松前公高 / Re:最近観てるYouTubeチャンネル
2023.11.22 荒木尚美 / ソロライヴ音源続々アップ
2023.11.15 辻林美穂 / 最近観てるYouTubeチャンネル
2023.11.08 薄井由行 / 11月8日の記念日
2023.11.01 ゲイリー芦屋 / ウチトラ出演〜「春画先生」公開に寄せて
2023.10.25 谷口尚久 / 連想3
2023.10.18 横川理彦 / 電気化の波
2023.10.11 郷拓郎 / 私とトライアングル
2023.10.04 Gak Sato / 京都とmama! milk
2023.09.27 加藤賢崇 / 還暦ポップアイドルの現在
2023.09.20 三宅治子 / 映画『福田村事件』のこと
2023.09.13 永田太郎 / 最近聴いて良かったもの。
2023.09.06 藤本功一 / 西新宿の夏
2023.08.30 冷水ひとみ / クレージーキャッツの安田伸さん
2023.08.23 松前公高 / デジカメでいろいろ撮ったもの
2023.08.16 荒木尚美 / 好きなイントロ集
2023.08.09 辻林美穂 / ベースメイク研究報告書 Vol.1
2023.08.02 薄井由行 / 8月2日の記念日
2023.07.26 ゲイリー芦屋 / 高所恐怖症
2023.07.19 谷口尚久 / 連想2
2023.07.12 横川理彦 / 蝉とエスパドリーユ
2023.07.05 郷拓郎 / 妖怪ものべらし
2023.06.28 Gak Sato / オムニコードとオムニネの話
2023.06.21 加藤賢崇 / 殴り合うアイドル
2023.06.14 三宅治子 / 酔い
2023.06.07 永田太郎 / 最近聴いて良かったもの。
2023.05.31 藤本功一 / 憧れ
2023.05.24 冷水ひとみ / ファンになりました!
2023.05.17 松前公高 / 札幌グルメ
2023.05.10 荒木尚美 / レコード(CD)付き絵本を出したい!
2023.05.03 辻林美穂 / 「好き」って言うのむずかしい
2023.04.26 薄井由行 / 4月26日の記念日
2023.04.19 谷口尚久 / 新しいもの
2023.04.12 横川理彦 / へヴィーローテーション、2曲
2023.04.05 郷拓郎 / 春とこけしとクリオ猫
2023.03.29 Gak Sato / DTM30年の回顧録
2023.03.22 加藤賢崇 / 愛と恋のデュエット
2023.03.15 ゲイリー芦屋 / 大解説「大病院占拠 オリジナル・サウンドトラック」
2023.03.08 三宅治子 / メビウス
2023.03.01 永田太郎 / 最近聴いて良かったもの。
2023.02.22 藤本功一 / Cookie
2023.02.15 冷水ひとみ / Sus4と都市伝説
2023.02.08 松前公高 / 瓦屋根の音
2023.02.01 荒木尚美 / 私と罪滅ぼし
2023.01.25 辻林美穂 / 行ってよかったサウナ 2022
2023.01.18 薄井由行 / CDブック3種紹介
2023.01.11 ゲイリー芦屋 / 『恋のいばら』&『大病院占拠』
2022.12.28 谷口尚久 / 植物の根
2022.12.21 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材⑤ ~KAWAI R-3A RHYTHMER
2022.12.14 横川理彦 / ベースは最後
2022.12.07 郷拓郎 / リアルタイム力
2022.11.30 Gak Sato / ジョン・ケージ再考
2022.11.23 加藤賢崇 / 「かとうチェンソーです」
2022.11.16 三宅治子 / BBと後遺症
2022.11.09 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。2022秋
2022.11.02 藤本功一 / カタールワールドカップアジア最終予選と川崎のバンディエラ
2022.10.26 冷水ひとみ / ライブの重み
2022.10.19 松前公高 / ペットボトルの蓋
2022.10.12 荒木尚美 / もう一人の理想の自分
2022.10.05 辻林美穂 / しんにょうの点 1つか2つか問題
2022.09.28 薄井由行 / 追加CD2種紹介
2022.09.21 ゲイリー芦屋 / 続・趣味について
2022.09.14 谷口尚久 / インド
2022.09.07 クニ杉本 / 「clockmusic」配信終了のお知らせ
2022.08.31 横川理彦 / 機械の音楽
2022.08.24 郷拓郎 / アクロス・ザ・メタバース!
2022.08.17 Gak Sato / ピエトロ・グロッシやってみた
2022.08.10 加藤賢崇 / 自分の曲なのに?
2022.08.03 三宅治子 / ゴシップガール
2022.07.27 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。アゲイン
2022.07.20 藤本功一 / 私語
2022.07.13 冷水ひとみ / 元気な人
2022.07.06 松前公高 / Re:趣味について
2022.06.29 荒木尚美 / 年をとるということ
2022.06.22 辻林美穂 / 利き手と生き方って関係ある?
2022.06.15 薄井由行 / CD2種紹介
2022.06.08 ゲイリー芦屋 / 趣味について
2022.06.01 谷口尚久 / 「キエフの大門」
2022.05.25 クニ杉本 / 配信開始!Coba-U「SF」「ハイファイ」「星空と神様 ambient night mix」解説。
2022.05.18 横川理彦 / 映画音楽あれこれ
2022.05.11 郷拓郎 / 記憶と夢と私とハイボール
2022.05.04 Gak Sato / ヴェネチア ビエンナーレ
2022.04.27 加藤賢崇 / お色気で輝く音楽
2022.04.20 三宅治子 / 写真について
2022.04.13 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。
2022.04.06 藤本功一 / 本日のどうもこうもないか
2022.03.30 冷水ひとみ / リアルタイムのリアル
2022.03.23 松前公高 / >Re:
2022.03.16 荒木尚美 / 影響を受けた作品
2022.03.09 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆の答え合わせ
2022.03.02 薄井由行 / 普段愛用している文房具4点の紹介
2022.02.23 ゲイリー芦屋 / 『渚の天使』再考~前篇
2022.02.16 「Colors」連続インタビュー#3
2022.02.09 「Colors」連続インタビュー#2
2022.02.02 「Colors」連続インタビュー#1
2022.01.26 谷口尚久 / 金管楽器など
2022.01.19 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材④ ~MU-TRON III+
2022.01.12 横川理彦 / デレク・ベイリーと落語
2022.01.05 郷拓郎 / 本物の偽物(または偽物の本物)
2021.12.29 Gak Sato / 作曲しない
2021.12.22 加藤賢崇 / トイロとトロイ
2021.12.15 永田太郎 / 2021年に良く聴いた音楽
2021.12.08 藤本功一 / 初期衝動
2021.12.01 三宅治子 / 貝のはなし
2021.11.24 冷水ひとみ / 未来がきた! 感涙モノのiPad楽器
2021.11.17 松前公高 / 大阪、渡し船の旅
2021.11.10 荒木尚美 / Dreams Stay With you
2021.11.03 辻林美穂 / 変な仕事をしていた話
2021.10.27 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その2
2021.10.20 ゲイリー芦屋 / 映画「かそけきサンカヨウ」公開に寄せて
2021.10.13 谷口尚久 / 1971
2021.10.06 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材③ ~ROLAND RE-201 Space Echo
2021.09.29 横川理彦 / 私は放送委員長
2021.09.22 郷拓郎 / 時代の見える機材遍歴の一例
2021.09.15 Gak Sato / 住処の話
2021.09.08 加藤賢崇 / テクノ・ウエスト・サイド・ストーリー
2021.09.01 三宅治子 / 松前さん/マフィンズ/マフィン
2021.08.25 永田太郎 / バックアップ
2021.08.18 藤本功一 / ある夜のありきたりな話
2021.08.11 冷水ひとみ / 幻の ”一弦フェスタ”
2021.08.04 松前公高 / 動画編集をやってみた!
2021.07.28 荒木尚美 / スティービー・ワンダー
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5