トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


テクノ・ウエスト・サイド・ストーリー
加藤賢崇

今年、巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が、あの永遠の名作ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」をリメイクしたものを年末に公開する、という予告編が出て話題になっています。

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』予告編 12月10日(金)公開

もともとはブロードウエイで1957年に初演された舞台ミュージカル。
これが1961年にハリウッドで映画化され、大ヒット。
日本でも「ウエストサイド物語」として公開され、大ブームとなりました。

West Side Story (8/10) Movie CLIP - Somewhere (1961) HD

1950年代まではMGM映画に代表されるような、ミュージカルといえば、華やか、きらびやかなレビューショーをそのまま映像にしたようなイメージでしたが、ウエストサイドはニューヨークの下町の不良少年たちの抗争劇を描いて、移民問題などもからめつつ、ダークな世界を表現して、なおかつ「ロミオとジュリエット」をベースにしたラブ・ロマンチックなミュージカルにする、という斬新な作劇が、当時としては画期的だったのでしょう。

真似した作風、影響を受けた作品も数多いと思いますが、私、そんなに詳しくないですけど、例えばマイケル・ジャクソンの有名な「BAD」なんかもその影響が強いのでしょうか。

Michael Jackson - Bad (Shortened Version)

そして劇中の楽曲をカバーしたアーティストも数多いと思いますが、よく歌われるのは、さきほどの動画、本年版のウエストサイド、そして1961年版ウエストサイドでも歌われていた、クライマックスを飾るバラードナンバー「サムウエア」

その数々のカバーの中で、もちろん、私が一番大好きなのは、元祖テクノポップバンドDEVOが、1989年にライブでカバーしたバージョンです。

Devo - Somewhere With Devo

これはDEVOのヒットシングル「シャウト」(1984)と「ディスコダンサー」(1989)の間に「サムウエア」を挟む形で、10分長のメドレーというか、プログレ風の大げさな組曲にしています。ライブ・コンサート全体のラストにふさわしい大作です。まあウエストサイドの原曲からは、だいぶ離れてますが!

ローリング・ストーンズの「サティスファクション」など、ロックの名曲を破壊的なアレンジで演奏して世に出たDEVOも、やっぱりミュージカルなんかにも影響受けてんだなあ、と微笑ましいですね。

Devo - [I Can't Get No] Satisfaction (Video)

話はそれますが「サムウエア」が収録されたDEVOのライブアルバム「Now It Can Be Told」は当時、日本版CD発売の際には私がライナー・ノートを担当し、邦題も「退化の改心」としましたよ! すいませんでした。アナログは海外盤のみで、2枚組の2枚目のA面で終了して、B面はメンバーのサインの刻印のみという、めずらしい盤でしたね、

余談の余談ですが、このライブは、DEVOにとってデビュー当時からライバルと言われたトーキング・ヘッズの大ヒットライブ「ストップ・メイキング・センス」(1985)を意識しまくった構成になっていて、オープニングから、バンドの初期の代表曲を、あえてヴォーカリストひとりでアコースティックで歌う、という始まりで、1曲づつメンバーが増えていって、5曲目でようやくバンドスタイルが完成する、というパクリようです。
いつか比較して聴いてみても面白かろうと思います。

その後、1997年に、今度はペット・ショップ・ボーイズが思いっきし、さらにデジタルテクノダンスな感じで「サムウエア」をカバーします。派手なアレンジです。

Pet Shop Boys - Somewhere

この時期は、やっぱりツアーの中でもクライマックスに演奏されていたようで、彼らもやっぱりミュージカルとか好きだったのかな~と、ウエストサイドの影響の大きさを感じますね。

バンドではなく二人組の彼ら、このMVの頃はナチュラルな感じのビジュアルですけど、このちょっと前の時期までは、まるでDEVOを意識していたかのようなビジュアルでもやってたんですよ。

Pet Shop Boys - Go West (Official Video) [HD REMASTERED]

まあ、同じ曲をカバーするくらいだから、そりゃ思考も似てるのかな? つってたら「サムウエア」をカバーした数々のアーティストがみんな同じになっちゃうか。ま、テクノの中では、つうことで。

今年これから「ウエスト・サイド・ストーリー」の映画が公開されたら、本家「サムウエア」がラジオやクラブなどでかかることも多いと思いますが、よかったら、ついでにDEVOとペット・ショップ・ボーイズも一緒にかけていただけると、たぶん、いい感じにふくらむと思います!

他にウエストサイド楽曲のいいテクノカバーがあったら教えてください!


記事一覧
2021.09.22 郷拓郎 / 時代の見える機材遍歴の一例
2021.09.15 Gak Sato / 住処の話
2021.09.08 加藤賢崇 / テクノ・ウエスト・サイド・ストーリー
2021.09.01 三宅治子 / 松前さん/マフィンズ/マフィン
2021.08.25 永田太郎 / バックアップ
2021.08.18 藤本功一 / ある夜のありきたりな話
2021.08.11 冷水ひとみ / 幻の ”一弦フェスタ”
2021.08.04 松前公高 / 動画編集をやってみた!
2021.07.28 荒木尚美 / スティービー・ワンダー
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5