トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


変な仕事をしていた話
辻林美穂

こんにちは( ^ω^ )
私は目がギョロっと大きくて、高校時代に付き合っていた男の子に「横向いて」と言われそのとおりにすると、パシャっとガラケーで写真を撮られ一言「めっちゃ目が飛び出ててウケる」。
目が大きくて二重なのは、可愛い条件の大事な要素!とファッション雑誌やらテレビやらで散々刷り込まれてきた私にとって、自分の目は当時の美を演出するうえでストロングポイントだと思っていましたが、どうやらそうでもなかったようで。
鼻筋や顔の輪郭、可愛らしい所作、いろんな要素をひっくるめると「可愛い」「モテる」フィールドには立てない素材なのだと落胆しました。

しかしそれから十数年、ルッキズムという言葉も知って、自分の見た目を市場に合わせる必要はないんだし、この素材を楽しんで生きていくことを受け入れられるようになってからは、ぽよぽよしているお腹も、飛び出た目も、クリームパンみたいな手も、私という人間を構成するには不可欠な大事な要素となりました。

自分で自分を楽しむようになってからは、それまで「出目金」「メガネザル」「テレタビーズ」など人間以外のものに喩えられがちだったのが、「誰々に似てる」と人間に変わっていきました。
今私は人間として生きているなー!って思います(?)。

どうしてこんな話をしたのか。
それは、コラムの文字数稼ぎです。

さて本題ですが、私は占い師でした。
というには語弊あり。占いコンテンツを営む会社の正社員見習いでした。

音大を卒業して、バイトをしながら音楽活動をしていた私は、当時めちゃくちゃ少ないバイト代のなかで家賃を払い(いわゆるワーキングプアってやつ?)、ライブのサポート代や衣装代、チケットが売れない時はノルマ代なども捻出していたため、生活が回らなくてガスや携帯が止まってしまうこともありました。
でも音楽を仕事にするためには機材をちゃんと買わないといけないし、コンペにも参加しなきゃだし、そのためには今よりお金と時間に余裕がないと…と頭を抱えながら転職サイトに登録。バイトしかしたことがなかったので、「経験不問!アットホームな職場です(^_^)」みたいな募集を見ていたところ、占い会社を見つけたのでした。

仕事内容は「占いコンテンツの運営。分からないことがあればスタッフが優しく教えます!」とあり、研修期間中も当時のバイト代よりも10万円ぐらい多かったのも魅力的で、すぐ面接を受けにいきます。
まず白紙の紙を目の前に出され、「辻林さんは牡牛座?では、牡牛座の今日の運勢みたいなのを短めで良いので書いてみてもらえますか?」私は、めざまし占いのノリを思い返しながら書いて提出しました。すると「おー!いいですね!これぐらい書ければうちで問題なく働けますね。」
あっという間に採用が決まり、それまで働いていたファミレスのパートの皆さんから頑張ってね!と送り出されながら、私の正社員への道が始まりました。

しかし、期待で膨らんでいた胸も、出社初日でしぼみます。
日勤は10時間、夜勤は14時間?その時点でやばかったんですが、なにせ社会経験の乏しいものですから、大変だなぁぐらいにしか思っていませんでした。
ここがオフィスで、今日はこのデスクに座ってね。と案内され、若くて可愛い社員さんが仕事内容を教えてくれることになりました。

「今日の占いコーナー」とか編集するのかな?とワクワクしながら椅子に座ると、社員さんが「はい、今日は◯◯先生になってもらおうかな。」と言います。「うちのサイトこれなんだけど、ほら、今何人か先生が居るでしょ?今日はこの◯◯先生としてメールを返してね!」

アッ…

と、頭の良くない私も一瞬で察しました。
実在してない占い師を演じる仕事なんだ…と。

先生によってキャラクターが違うので、その日に担当になった先生になりきって返信しなければなりません。今日はベテラン女性占い師、今日はイケメン占い師。ユーザーは、占い師への電話禁止、直接コンタクトを取ろうとするのも禁止で、先生とお話しするには自社サイトのメールフォームを介してのみ可能。

なるべく多くメールのラリーが続くように、社員さんが文章の作り方を教えてくれます。
占い師じゃない人間が言っていい占い風表現、断定は避けろ、しっかり相手に寄り添って返信する、など。
ただ、これは商売でやっていることなので、なるべく少ない時間でたくさんのメールを返す必要があります。そこで出てくるのが「テンプレ」です。

私は試用期間3ヶ月を終えるどころか1ヶ月半あたりで、出社するのが嫌で毎朝お腹がめちゃくちゃ痛くなるようになりました。なぜなら、「テンプレ」の存在に罪悪感を覚えたからです。
手相とか占星術の占いがとても好きで、年に1回みてもらうぐらいの私ですが、お金を払う理由として「ちゃんと勉強した人がその知識をもって占いしてくれる」というのがあります。
しかし、今私がやっていることって、占いの勉強をしたわけじゃない人が作ったテンプレを、占いの勉強をしたわけじゃない人がそのまま使ってお金を貰っている、ってことです。

ちょっとでもユーザーの相談内容に触れて、親身になって返信するならまだしも、そのテンプレは、全然違う悩みを抱えているユーザーたちに、1文字も書きかえずに使用することがありました。
「先生が本当に返信してくれてるんですか?」と怒るユーザーもいました。でも、一番しんどかったのは、「先生のおかげで本当に助かりました」など心からお礼を言ってくれるユーザーの存在です。
平気なスタッフは息をするように返信をしますが、私のように負の感情を溜め込む人も多く居たように思います。

結局、そろそろ試用期間が終わり正社員になるかどうかの面談を受けるタイミングで、この仕事を辞めることにしました。そこから数ヶ月ニート生活を送っている最中に、1stアルバムを制作し、今に至るのでした。まとめかた雑!
私は、占いは対面のだけにします!


記事一覧
2022.12.07 郷拓郎 / リアルタイム力
2022.11.30 Gak Sato / ジョン・ケージ再考
2022.11.23 加藤賢崇 / 「かとうチェンソーです」
2022.11.16 三宅治子 / BBと後遺症
2022.11.09 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。2022秋
2022.11.02 藤本功一 / カタールワールドカップアジア最終予選と川崎のバンディエラ
2022.10.26 冷水ひとみ / ライブの重み
2022.10.19 松前公高 / ペットボトルの蓋
2022.10.12 荒木尚美 / もう一人の理想の自分
2022.10.05 辻林美穂 / しんにょうの点 1つか2つか問題
2022.09.28 薄井由行 / 追加CD2種紹介
2022.09.21 ゲイリー芦屋 / 続・趣味について
2022.09.14 谷口尚久 / インド
2022.09.07 クニ杉本 / 「clockmusic」配信終了のお知らせ
2022.08.31 横川理彦 / 機械の音楽
2022.08.24 郷拓郎 / アクロス・ザ・メタバース!
2022.08.17 Gak Sato / ピエトロ・グロッシやってみた
2022.08.10 加藤賢崇 / 自分の曲なのに?
2022.08.03 三宅治子 / ゴシップガール
2022.07.27 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。アゲイン
2022.07.20 藤本功一 / 私語
2022.07.13 冷水ひとみ / 元気な人
2022.07.06 松前公高 / Re:趣味について
2022.06.29 荒木尚美 / 年をとるということ
2022.06.22 辻林美穂 / 利き手と生き方って関係ある?
2022.06.15 薄井由行 / CD2種紹介
2022.06.08 ゲイリー芦屋 / 趣味について
2022.06.01 谷口尚久 / 「キエフの大門」
2022.05.25 クニ杉本 / 配信開始!Coba-U「SF」「ハイファイ」「星空と神様 ambient night mix」解説。
2022.05.18 横川理彦 / 映画音楽あれこれ
2022.05.11 郷拓郎 / 記憶と夢と私とハイボール
2022.05.04 Gak Sato / ヴェネチア ビエンナーレ
2022.04.27 加藤賢崇 / お色気で輝く音楽
2022.04.20 三宅治子 / 写真について
2022.04.13 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。
2022.04.06 藤本功一 / 本日のどうもこうもないか
2022.03.30 冷水ひとみ / リアルタイムのリアル
2022.03.23 松前公高 / >Re:
2022.03.16 荒木尚美 / 影響を受けた作品
2022.03.09 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆の答え合わせ
2022.03.02 薄井由行 / 普段愛用している文房具4点の紹介
2022.02.23 ゲイリー芦屋 / 『渚の天使』再考~前篇
2022.02.16 「Colors」連続インタビュー#3
2022.02.09 「Colors」連続インタビュー#2
2022.02.02 「Colors」連続インタビュー#1
2022.01.26 谷口尚久 / 金管楽器など
2022.01.19 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材④ ~MU-TRON III+
2022.01.12 横川理彦 / デレク・ベイリーと落語
2022.01.05 郷拓郎 / 本物の偽物(または偽物の本物)
2021.12.29 Gak Sato / 作曲しない
2021.12.22 加藤賢崇 / トイロとトロイ
2021.12.15 永田太郎 / 2021年に良く聴いた音楽
2021.12.08 藤本功一 / 初期衝動
2021.12.01 三宅治子 / 貝のはなし
2021.11.24 冷水ひとみ / 未来がきた! 感涙モノのiPad楽器
2021.11.17 松前公高 / 大阪、渡し船の旅
2021.11.10 荒木尚美 / Dreams Stay With you
2021.11.03 辻林美穂 / 変な仕事をしていた話
2021.10.27 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その2
2021.10.20 ゲイリー芦屋 / 映画「かそけきサンカヨウ」公開に寄せて
2021.10.13 谷口尚久 / 1971
2021.10.06 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材③ ~ROLAND RE-201 Space Echo
2021.09.29 横川理彦 / 私は放送委員長
2021.09.22 郷拓郎 / 時代の見える機材遍歴の一例
2021.09.15 Gak Sato / 住処の話
2021.09.08 加藤賢崇 / テクノ・ウエスト・サイド・ストーリー
2021.09.01 三宅治子 / 松前さん/マフィンズ/マフィン
2021.08.25 永田太郎 / バックアップ
2021.08.18 藤本功一 / ある夜のありきたりな話
2021.08.11 冷水ひとみ / 幻の ”一弦フェスタ”
2021.08.04 松前公高 / 動画編集をやってみた!
2021.07.28 荒木尚美 / スティービー・ワンダー
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5