トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


貝のはなし
三宅治子 photo01

見てよし、着てよし、食べてよし。
子どもの頃から貝が好きです。貝殻も集めています。電車、昆虫、レコード、古本、トレーディングカード、人形、カメラなど、この世にはいろいろな収集の楽しみがあります。ですが!美味しく食べたあとに、その殻を集めて愛でたりできるものは貝以外にそうそうないと思います。水着にする人はかなり少数派だとは思いますが。

貝殻を手に入れる方法はいろいろあります。私は買うこともありますが、海辺で拾ったりします。台風の翌日などは普段みかけない深さの貝まで打ち上げられています。砂浜に無数に落ちている美しい貝を前にして「こんなにたくさんある…!どうしよう…」と震えたことは何度もあります。
生きている貝はとりません。(種の保存とか漁業権のこともあるので)貝殻を拾うのはまあ自由だろう、タダだし。と子どものころから思っていました。しかし、大人になってからですが、ある日ふと「海辺で貝殻を拾うことの是非」を調べてみました。すると、基本全ての海岸は国有財産であると書いてある。そしてそこには、「海岸法」「自然公園法」という法律が存在していることを知ってしまいました。

海岸の保全を目的とした法律だそうです。許可なく砂や石などを採取してはいけないト。国立自然公園の敷地内における法律であるとか、自然公園内の土砂も含み動植物などの持ち出しを禁止、とか色々定められているようでした。
拾って帰るのは基本NG、でも県によっては「個人の趣味の範囲」であれば問題ないとしているところもありました。個人の趣味の範囲はどのくらいなのか。人によってかなりちがうよねココとは思いますが、わたし個人としては「販売目的とかでなければ良い」「部屋にかざってうっとりする程度の個数ならOK」という考えです。

この法律の存在を知るまでは貝収集の旅に出ることもたびたびありました。貝殻はこわれやすいので、飛行機で持ち帰る時は手荷物です。何が何でも手荷物です。ところが、手荷物検査のX線で細長い貝がクッキリうつって問題になったことがありました。鋭利なアイスピックか、ちょっと待てと。荷物を開けられて、タケノコ状の巻き貝とまるで鈍器の重たい貝をどうしたものかと係員が検討しています。縄文時代だったらコレで戦ってたと思いますが、貝の専門店でさっき買ったばかりの大事なものでなんとかしてほしい。ハイジャックとかしませんし。没収されちゃうのかなと思ったところ、一旦預かるけど到着したら返してくれるということになりました。それよりも前に同じ種類の貝を持ち込んだ時は何の問題もなかったので、911以降はやっぱりセキュリティが厳しくなってると感じました。

海外からオークションで買ったこともあります。貝殻は収納が難しいのでもう増やせない。平たいレコードや本がうらやましいです。仕方がないので本当に好きなものだけ厳選して大事にしています。武具として吹き鳴らす用の金具がついているホラガイ2つ、ポリネシアの人々が使う大きい貝の笛。こちらは金具なしです。その3つは子どもが生まれる時に手放しました。以前だったら、どこで手に入れたらいいのかわからないものが買えてしまう。見つけて買ったり競り落としたりしてしまう。本当に恐ろしい世の中になったものです。ホラガイは安めのスクーターと同じくらいの価格で夜更けのオークションは本当におそろしい。当時の自分は本当にどうかしてたと思います。

というわけで、今は法律や環境のこと、自分の経済、部屋の状況などいろいろな観点から貝殻を増やさないようにしています。ハマグリを食べたりした時にあまりに立派で捨てがたく、一つだけきれいに洗って取ってあったりはします。

数年前に海に行った時、春だったのですが砂浜にとてもきれいな貝殻がたくさん打ち上げられてました。当然我を忘れて拾い、帰るときにハッと我に返りました。我を忘れたり、我に返ったりしたのちに、貝殻をそっと砂浜に並べて置いて帰りました。一枚も持って帰らなかった。自分でもびっくりです。キャッチ&リリースです。三浦半島には私の好きな貝殻がたくさん打ち上げられているのですが、また来た時にひろえばいいや、我が家になくても、所有しなくても良いと思いました。もう持って帰っても良い状態で保存できない。ならばここにあって別な誰かの目を楽しませるほうが良いだろう。 貝殻を拾いたければまたここにくればよい。世界のどこかにあればよい。ようやくそう思うようになった最近です。貝のクラウドというか、サブスク?よくわかりませんが、貝殻収集欲に半ば無理やり終止符を打ったような。所有する時代の終焉。とビジネス雑誌の見出しみたいなことを思いました。

あと、ここまで読んでくださった方にお伝えしたい貝情報が一つあります。ホラガイのように肉食の貝の肝は毒なので食べてはいけません。

前に海辺の魚屋でホラガイを買って刺し身にしました。肝はピンク色でまるでサーモンパテのよう。美味しそうだったので何切れか食べました。食べながら、これって毒とかじゃないよね?と今更ながらに思って、モグモグしながら、「ホラガイ 肝 生食」で検索したところ、毒なので食べてはいけないと書いてある。その情報にたどり着いた時にはもう咀嚼&嚥下のあとでした。そういえば、口の中がピリピリするなあとは思ってました。読み進めるとフグの毒と同じヤツとか書いてあって!!!!!!でした。フグほど強烈ではないらしいのですが、自己暗示もあり、だんだんフラフラしてきました。グッタリ横たわっていると、息子は「お母さんがホラガイにやられた!」とショックを受けて泣いている。夫はあわててどこやらに電話をしていました。救急車かと思ったらそうではなく、「公益財団法人日本中毒情報センター」というところでした。Japan Poison Information Centerです。そのポイズンはふぐと同種類ですが、すぐ死んだりするような量ではないからこのあとはもう食べないでください。症状がひどくなるようだったら病院へとのアドバイス。

なにかの時の役に経つかもしれないので、中毒110番・電話サービスのリンクをここに記しておきます。

公益財団法人日本中毒情報センター

https://www.j-poison-ic.jp/110serviece/

記事一覧
2022.12.07 郷拓郎 / リアルタイム力
2022.11.30 Gak Sato / ジョン・ケージ再考
2022.11.23 加藤賢崇 / 「かとうチェンソーです」
2022.11.16 三宅治子 / BBと後遺症
2022.11.09 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。2022秋
2022.11.02 藤本功一 / カタールワールドカップアジア最終予選と川崎のバンディエラ
2022.10.26 冷水ひとみ / ライブの重み
2022.10.19 松前公高 / ペットボトルの蓋
2022.10.12 荒木尚美 / もう一人の理想の自分
2022.10.05 辻林美穂 / しんにょうの点 1つか2つか問題
2022.09.28 薄井由行 / 追加CD2種紹介
2022.09.21 ゲイリー芦屋 / 続・趣味について
2022.09.14 谷口尚久 / インド
2022.09.07 クニ杉本 / 「clockmusic」配信終了のお知らせ
2022.08.31 横川理彦 / 機械の音楽
2022.08.24 郷拓郎 / アクロス・ザ・メタバース!
2022.08.17 Gak Sato / ピエトロ・グロッシやってみた
2022.08.10 加藤賢崇 / 自分の曲なのに?
2022.08.03 三宅治子 / ゴシップガール
2022.07.27 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。アゲイン
2022.07.20 藤本功一 / 私語
2022.07.13 冷水ひとみ / 元気な人
2022.07.06 松前公高 / Re:趣味について
2022.06.29 荒木尚美 / 年をとるということ
2022.06.22 辻林美穂 / 利き手と生き方って関係ある?
2022.06.15 薄井由行 / CD2種紹介
2022.06.08 ゲイリー芦屋 / 趣味について
2022.06.01 谷口尚久 / 「キエフの大門」
2022.05.25 クニ杉本 / 配信開始!Coba-U「SF」「ハイファイ」「星空と神様 ambient night mix」解説。
2022.05.18 横川理彦 / 映画音楽あれこれ
2022.05.11 郷拓郎 / 記憶と夢と私とハイボール
2022.05.04 Gak Sato / ヴェネチア ビエンナーレ
2022.04.27 加藤賢崇 / お色気で輝く音楽
2022.04.20 三宅治子 / 写真について
2022.04.13 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。
2022.04.06 藤本功一 / 本日のどうもこうもないか
2022.03.30 冷水ひとみ / リアルタイムのリアル
2022.03.23 松前公高 / >Re:
2022.03.16 荒木尚美 / 影響を受けた作品
2022.03.09 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆の答え合わせ
2022.03.02 薄井由行 / 普段愛用している文房具4点の紹介
2022.02.23 ゲイリー芦屋 / 『渚の天使』再考~前篇
2022.02.16 「Colors」連続インタビュー#3
2022.02.09 「Colors」連続インタビュー#2
2022.02.02 「Colors」連続インタビュー#1
2022.01.26 谷口尚久 / 金管楽器など
2022.01.19 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材④ ~MU-TRON III+
2022.01.12 横川理彦 / デレク・ベイリーと落語
2022.01.05 郷拓郎 / 本物の偽物(または偽物の本物)
2021.12.29 Gak Sato / 作曲しない
2021.12.22 加藤賢崇 / トイロとトロイ
2021.12.15 永田太郎 / 2021年に良く聴いた音楽
2021.12.08 藤本功一 / 初期衝動
2021.12.01 三宅治子 / 貝のはなし
2021.11.24 冷水ひとみ / 未来がきた! 感涙モノのiPad楽器
2021.11.17 松前公高 / 大阪、渡し船の旅
2021.11.10 荒木尚美 / Dreams Stay With you
2021.11.03 辻林美穂 / 変な仕事をしていた話
2021.10.27 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その2
2021.10.20 ゲイリー芦屋 / 映画「かそけきサンカヨウ」公開に寄せて
2021.10.13 谷口尚久 / 1971
2021.10.06 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材③ ~ROLAND RE-201 Space Echo
2021.09.29 横川理彦 / 私は放送委員長
2021.09.22 郷拓郎 / 時代の見える機材遍歴の一例
2021.09.15 Gak Sato / 住処の話
2021.09.08 加藤賢崇 / テクノ・ウエスト・サイド・ストーリー
2021.09.01 三宅治子 / 松前さん/マフィンズ/マフィン
2021.08.25 永田太郎 / バックアップ
2021.08.18 藤本功一 / ある夜のありきたりな話
2021.08.11 冷水ひとみ / 幻の ”一弦フェスタ”
2021.08.04 松前公高 / 動画編集をやってみた!
2021.07.28 荒木尚美 / スティービー・ワンダー
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5