トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


カタールワールドカップアジア最終予選と川崎のバンディエラ
藤本功一

サッカーの世界では、ひとつのクラブチームで選手としてのキャリアを全うし、そのクラブの象徴となった人物のことをバンディエラと呼ぶことがあります。本稿は 川崎フロンターレ のバンディエラである 中村憲剛さん を軸に日本サッカーの歴史の一端を紐解くという趣味的でニッチな内容となっておりますので、興味のある方以外は読み飛ばしていただけると幸いです。よろしくお願いします。

・中村憲剛と川崎フロンターレ

中村憲剛選手は2003年に川崎フロンターレに入団しました。当時の川崎フロンターレは1試合の平均観客数が数千人、順位もJ1とJ2を行き来するような状態であったため今ほどの知名度もなく、中村憲剛選手が入団したことにも注目が集まることはなかったように思います。しかし、その頃から川崎フロンターレは積極的な広報活動と地道なチーム強化を足ががりに観客数や成績を右肩上がりで伸ばしていき、優勝タイトルこそなかったものの、有力チームの一角としての立ち位置を徐々に確かなものにしていきます。そういった中、中村憲剛選手も次第に頭角を現しはじめ、2006年には日本代表に初招集、2010年には 南アフリカワールドカップ日本代表 にも選出されました。
Jリーグでも指折りの好選手として知られるようになった中村憲剛選手に海外移籍のチャンスが舞い込んだのは南アフリカワールドカップのすぐ後。オランダやトルコのチームから打診があったのですが、中村憲剛選手はその打診を断るという決断をします。理由は「(他のチームへ移籍をするよりも)今のチームで優勝したい」。当時はまだ無冠であった川崎フロンターレ。自分自身のチャレンジよりも、今いるチーム、自分を育ててくれたチームに何かをもたらすことを選択したのです。

[広報活動で商店街などを回る意味と川崎フロンターレから移籍をしなかった理由について話す中村憲剛さん]

そして、2017年、川崎フロンターレにJリーグ初優勝のチャンスが訪れます。リーグ戦の最終節を迎えて首位の鹿島アントラーズとは勝ち点2差の2位。川崎フロンターレが勝ったうえで鹿島アントラーズが引き分け以下ならば川崎フロンターレの初優勝が決まるという状況の中、川崎フロンターレは5-0で勝利、対して鹿島アントラーズは0-0の引き分け。中村憲剛選手が入団して15年目、川崎フロンターレのJリーグ初優勝が決まりました。
試合終了後、優勝したとわかった中村憲剛選手は等々力競技場のピッチで人目もはばからず号泣します。 移籍をせず、十数年ともに歩んできたチームが満員のホームスタジアムで初めて優勝を果たしたその時、彼の胸にはどんな思いが込み上げてきたのでしょうか。その後、さらに2度のリーグ優勝という置き土産を残して中村憲剛選手は引退します。2020年のことでした。

さて、ここで時計の針を少し進めます。

・日本代表、カタールワールドカップアジア最終予選

2021年10月、カタールワールドカップアジア最終予選を戦う日本代表は今までにないほどの苦戦を強いられていました。全8試合のうち、3試合を終えた時点で勝ち点は1。これは「あと1敗でもすれば予選突破が非常に難しくなる」という危機的な状況です。そんな中、日本代表の森保監督は4戦目のオーストラリア戦で戦術を大幅に変更、新戦術の中心に据えられた 田中碧選手が先制ゴール を奪うと、その勢いのまま2-1でオーストラリア代表に競り勝ちます。この結果を得たことによって本来の実力を取り戻した日本代表はそこから順調に勝ち点を積み重ねていき、7戦目で再び対戦したオーストラリア代表を 三笘薫選手の決勝ゴール で撃破、無事カタールワールドカップ本大会への出場権を勝ち取りました。日本代表のワールドカップ出場は、初出場したフランス大会から数えて7大会連続になります。

この予選を見ながら、わたしは川崎フロンターレのバンディエラ・中村憲剛さんのことを思い出していました。なぜなら、この予選で活躍した田中碧選手と三笘薫選手は、どちらも川崎フロンターレのユースチーム(育成部門)出身で、中村憲剛さんのプレーを見ながら育った彼の後輩たちだったからです。こちらの3枚目の写真、当時の中村憲剛選手の後ろで頬に手を添えているのが田中碧選手、屈託のない笑顔を見せているのが三笘薫選手。ふたりともまだ小学生です。これと同時期に撮られたであろう、エスコートキッズとして中村憲剛選手と手を繋いでスタジアムへ入場する三笘薫選手の写真 も、一時期Twitterなどで話題になりました。
こういった彼らの関係性が伺えるものを知っていくと、真剣な面持ちでインタビューを受ける三笘薫選手が中村憲剛さんの声を聞いただけで笑顔になってしまう 理由もわかるような気がします。きっと、彼らにとって中村憲剛という人は、憧れであり、良いお兄さんなのでしょう。

もしかしたら…中村憲剛さんが自らのキャリアを賭してもたらしたものは、川崎フロンターレの優勝だけでなく、さらにその先まで続く日本サッカーの未来だったのかもしれません。オーストラリア戦後のインタビューで田中碧選手はこう言っています。「試合前、自分たちへカメラを向けている5歳くらいの子供を見て、こういう子供たちに夢を与えなければいけないと感じた」。 偉大な先輩の背中を追いかけてきた少年が、今度は自分の背中を次世代の少年たちへ見せようとしている。少し大げさかもしれませんが、「歴史というものはこうして紡がれていくのだな」と思ったりもします。

今月の20日からサッカーワールドカップカタール大会が開幕します。先日、本大会を戦う日本代表 が発表され、田中碧選手と三笘薫選手がともに選出されました。彼らはどのように戦い、そして、どのような歴史を作ってくれるのでしょうか。楽しみです。


記事一覧
2023.01.25 辻林美穂 / 行ってよかったサウナ 2022
2023.01.18 薄井由行 / CDブック3種紹介
2023.01.11 ゲイリー芦屋 / 『恋のいばら』&『大病院占拠』
2022.12.28 谷口尚久 / 植物の根
2022.12.21 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材⑤ ~KAWAI R-3A RHYTHMER
2022.12.14 横川理彦 / ベースは最後
2022.12.07 郷拓郎 / リアルタイム力
2022.11.30 Gak Sato / ジョン・ケージ再考
2022.11.23 加藤賢崇 / 「かとうチェンソーです」
2022.11.16 三宅治子 / BBと後遺症
2022.11.09 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。2022秋
2022.11.02 藤本功一 / カタールワールドカップアジア最終予選と川崎のバンディエラ
2022.10.26 冷水ひとみ / ライブの重み
2022.10.19 松前公高 / ペットボトルの蓋
2022.10.12 荒木尚美 / もう一人の理想の自分
2022.10.05 辻林美穂 / しんにょうの点 1つか2つか問題
2022.09.28 薄井由行 / 追加CD2種紹介
2022.09.21 ゲイリー芦屋 / 続・趣味について
2022.09.14 谷口尚久 / インド
2022.09.07 クニ杉本 / 「clockmusic」配信終了のお知らせ
2022.08.31 横川理彦 / 機械の音楽
2022.08.24 郷拓郎 / アクロス・ザ・メタバース!
2022.08.17 Gak Sato / ピエトロ・グロッシやってみた
2022.08.10 加藤賢崇 / 自分の曲なのに?
2022.08.03 三宅治子 / ゴシップガール
2022.07.27 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。アゲイン
2022.07.20 藤本功一 / 私語
2022.07.13 冷水ひとみ / 元気な人
2022.07.06 松前公高 / Re:趣味について
2022.06.29 荒木尚美 / 年をとるということ
2022.06.22 辻林美穂 / 利き手と生き方って関係ある?
2022.06.15 薄井由行 / CD2種紹介
2022.06.08 ゲイリー芦屋 / 趣味について
2022.06.01 谷口尚久 / 「キエフの大門」
2022.05.25 クニ杉本 / 配信開始!Coba-U「SF」「ハイファイ」「星空と神様 ambient night mix」解説。
2022.05.18 横川理彦 / 映画音楽あれこれ
2022.05.11 郷拓郎 / 記憶と夢と私とハイボール
2022.05.04 Gak Sato / ヴェネチア ビエンナーレ
2022.04.27 加藤賢崇 / お色気で輝く音楽
2022.04.20 三宅治子 / 写真について
2022.04.13 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。
2022.04.06 藤本功一 / 本日のどうもこうもないか
2022.03.30 冷水ひとみ / リアルタイムのリアル
2022.03.23 松前公高 / >Re:
2022.03.16 荒木尚美 / 影響を受けた作品
2022.03.09 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆の答え合わせ
2022.03.02 薄井由行 / 普段愛用している文房具4点の紹介
2022.02.23 ゲイリー芦屋 / 『渚の天使』再考~前篇
2022.02.16 「Colors」連続インタビュー#3
2022.02.09 「Colors」連続インタビュー#2
2022.02.02 「Colors」連続インタビュー#1
2022.01.26 谷口尚久 / 金管楽器など
2022.01.19 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材④ ~MU-TRON III+
2022.01.12 横川理彦 / デレク・ベイリーと落語
2022.01.05 郷拓郎 / 本物の偽物(または偽物の本物)
2021.12.29 Gak Sato / 作曲しない
2021.12.22 加藤賢崇 / トイロとトロイ
2021.12.15 永田太郎 / 2021年に良く聴いた音楽
2021.12.08 藤本功一 / 初期衝動
2021.12.01 三宅治子 / 貝のはなし
2021.11.24 冷水ひとみ / 未来がきた! 感涙モノのiPad楽器
2021.11.17 松前公高 / 大阪、渡し船の旅
2021.11.10 荒木尚美 / Dreams Stay With you
2021.11.03 辻林美穂 / 変な仕事をしていた話
2021.10.27 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その2
2021.10.20 ゲイリー芦屋 / 映画「かそけきサンカヨウ」公開に寄せて
2021.10.13 谷口尚久 / 1971
2021.10.06 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材③ ~ROLAND RE-201 Space Echo
2021.09.29 横川理彦 / 私は放送委員長
2021.09.22 郷拓郎 / 時代の見える機材遍歴の一例
2021.09.15 Gak Sato / 住処の話
2021.09.08 加藤賢崇 / テクノ・ウエスト・サイド・ストーリー
2021.09.01 三宅治子 / 松前さん/マフィンズ/マフィン
2021.08.25 永田太郎 / バックアップ
2021.08.18 藤本功一 / ある夜のありきたりな話
2021.08.11 冷水ひとみ / 幻の ”一弦フェスタ”
2021.08.04 松前公高 / 動画編集をやってみた!
2021.07.28 荒木尚美 / スティービー・ワンダー
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5