トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


ヴェネチア ビエンナーレ
Gak Sato photo01

 先週から始まり11月27日まで開催の、ヴェネチア・アート・ビエンナーレに行った。例年は6月から開催なのだが、今年は2ヶ月も早くなった。一年延期になったので、前回来たのは3年前。ミラノからヴェネチアまでは約270km。特急で2時間半、水の都に到着する。コロナで、観光客が激減し、運河の水質も良くなったというニュースを聞いていたが、あくまでもロックダウン中の話で、駅を出るともうすっかり観光客で賑わっていた。一つ違うのが、東洋人がほとんど居ないこと。

 初めてビエンナーレを訪れたのは1993年。この年は、ハンス・ハーケとナム・ジュン・パイクが代表作家だったドイツ館が金獅子賞を取った年で、ハンス・ハーケはドイツ館の正面にドイツマルク硬貨のオブジェとヒットラーの写真を掲げ、中に入ると、大理石の床は全て剥がされ、瓦礫の山になっていて、来場者はその上を歩くという作品で、ポリティカルアートってこういうことなのかと、当時20代だった僕に強烈な印象を残した。この時、サンマルコ広場でコーヒーを飲んでいると、偶然パイク夫妻が歩いてくるので、「こんにちは!」と挨拶すると、パイクさんはニコニコしながら日本語で、親しげにお話して頂き、すごく嬉しかったことを覚えている。
 そして、その2年後の’95年、この年はNHKでビエンナーレを衛星生中継するという仕事のスタッフとして携わり、空き時間に池田満寿夫さんと二人でグッゲンハイム美術館に行くことになってすごく緊張したが、(多分、池田さんが勝手にいなくなってしまわないように、監視役ということだったのだろう)ここに所蔵されているジャン・メッツァンジェの「Au Vèlodrome」という作品の前で、"僕はこの絵がとても好きなんです"、と言うと、池田さんはそっけなく、"ふーん、硬いな"と、一言。彼の好みではなかった様子。でも池田さんの展示作品に対する反応を観ているのはとても贅沢な時間だった。

 2022年、第59回目のビエンナーレのメインパビリオンは、「The Milk of Dreams」という、イギリス人のシュールレアリスト作家レオノーラ・キャリントンの著書から引用されたタイトルで、「身体表現とその変容」「個人とテクノロジーの関係」「身体と地球のつながり」という3つのテーマが基になっている。今年は故人の作家の作品も多く、なぜこれが選ばれてるのか?その文脈を模索しながら、それとは別に60余ヶ国のパビリオンはそれぞれ独自のテーマで作品が展開されているので、全体のテーマを理解しようとするのは無理がある。全く別々の切り口で創られた作品を通して、何かしら、世界が思っていることを捉えに行く、それがビエンナーレ体験の意義なのだと思う。作家が出展をキャンセルし、入り口が閉ざされたロシア館を観るだけでもそこに明確な意味が生じてしまう。

photo02

1993年から29年後に観たドイツ館の「Relocating a Structure」と題されたマリア・アイヒホルンの作品は、元々1909年にバイエルン王国のパビリオンとして建てられ、1912年にドイツ館として改名され、1938年にファシズム様式の威圧的な外観に変貌していったこの建物をドイツ館の名前、床や壁を剥がし、’38年以前のオリジナルの構造を露出させるという、ハンス・ハーケとはまた違った切り口で、ドイツの負の遺産を追いかけている。

photo03 photo04 photo05

この調子で、色々なパビリオンの感想を書き始めるときりがないが、今回の日本館は、Dumb Typeが担当している。
4台の高速回転するシリンダー状の鏡に赤いレーザーでテキストを当てて、四方の壁に1850年の地理の教科書から抜粋された12の言葉がが投影される。
Who governs an Empire?
Who governs a Republic?
In what Country do we live?
こんな言葉にハッとさせられる。

ビエンナーレ会場を後にし、アカデミア美術館で開催されていたインド人彫刻家のアニッシュ・カプーア展を観る。常設展も観ることになるので、急に16世紀のヴェネチア派の宗教絵画の世界に放り込まれ、そこから再び、現代的なアニッシュ・カプーアの作品で、500年分の美術史を体感し、2万歩以上歩くと、頭も身体も限界で、予定より早めにミラノに帰ったのでした。


記事一覧
2022.12.07 郷拓郎 / リアルタイム力
2022.11.30 Gak Sato / ジョン・ケージ再考
2022.11.23 加藤賢崇 / 「かとうチェンソーです」
2022.11.16 三宅治子 / BBと後遺症
2022.11.09 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。2022秋
2022.11.02 藤本功一 / カタールワールドカップアジア最終予選と川崎のバンディエラ
2022.10.26 冷水ひとみ / ライブの重み
2022.10.19 松前公高 / ペットボトルの蓋
2022.10.12 荒木尚美 / もう一人の理想の自分
2022.10.05 辻林美穂 / しんにょうの点 1つか2つか問題
2022.09.28 薄井由行 / 追加CD2種紹介
2022.09.21 ゲイリー芦屋 / 続・趣味について
2022.09.14 谷口尚久 / インド
2022.09.07 クニ杉本 / 「clockmusic」配信終了のお知らせ
2022.08.31 横川理彦 / 機械の音楽
2022.08.24 郷拓郎 / アクロス・ザ・メタバース!
2022.08.17 Gak Sato / ピエトロ・グロッシやってみた
2022.08.10 加藤賢崇 / 自分の曲なのに?
2022.08.03 三宅治子 / ゴシップガール
2022.07.27 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。アゲイン
2022.07.20 藤本功一 / 私語
2022.07.13 冷水ひとみ / 元気な人
2022.07.06 松前公高 / Re:趣味について
2022.06.29 荒木尚美 / 年をとるということ
2022.06.22 辻林美穂 / 利き手と生き方って関係ある?
2022.06.15 薄井由行 / CD2種紹介
2022.06.08 ゲイリー芦屋 / 趣味について
2022.06.01 谷口尚久 / 「キエフの大門」
2022.05.25 クニ杉本 / 配信開始!Coba-U「SF」「ハイファイ」「星空と神様 ambient night mix」解説。
2022.05.18 横川理彦 / 映画音楽あれこれ
2022.05.11 郷拓郎 / 記憶と夢と私とハイボール
2022.05.04 Gak Sato / ヴェネチア ビエンナーレ
2022.04.27 加藤賢崇 / お色気で輝く音楽
2022.04.20 三宅治子 / 写真について
2022.04.13 永田太郎 / 最近聴いてよかったもの。
2022.04.06 藤本功一 / 本日のどうもこうもないか
2022.03.30 冷水ひとみ / リアルタイムのリアル
2022.03.23 松前公高 / >Re:
2022.03.16 荒木尚美 / 影響を受けた作品
2022.03.09 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆の答え合わせ
2022.03.02 薄井由行 / 普段愛用している文房具4点の紹介
2022.02.23 ゲイリー芦屋 / 『渚の天使』再考~前篇
2022.02.16 「Colors」連続インタビュー#3
2022.02.09 「Colors」連続インタビュー#2
2022.02.02 「Colors」連続インタビュー#1
2022.01.26 谷口尚久 / 金管楽器など
2022.01.19 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材④ ~MU-TRON III+
2022.01.12 横川理彦 / デレク・ベイリーと落語
2022.01.05 郷拓郎 / 本物の偽物(または偽物の本物)
2021.12.29 Gak Sato / 作曲しない
2021.12.22 加藤賢崇 / トイロとトロイ
2021.12.15 永田太郎 / 2021年に良く聴いた音楽
2021.12.08 藤本功一 / 初期衝動
2021.12.01 三宅治子 / 貝のはなし
2021.11.24 冷水ひとみ / 未来がきた! 感涙モノのiPad楽器
2021.11.17 松前公高 / 大阪、渡し船の旅
2021.11.10 荒木尚美 / Dreams Stay With you
2021.11.03 辻林美穂 / 変な仕事をしていた話
2021.10.27 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その2
2021.10.20 ゲイリー芦屋 / 映画「かそけきサンカヨウ」公開に寄せて
2021.10.13 谷口尚久 / 1971
2021.10.06 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材③ ~ROLAND RE-201 Space Echo
2021.09.29 横川理彦 / 私は放送委員長
2021.09.22 郷拓郎 / 時代の見える機材遍歴の一例
2021.09.15 Gak Sato / 住処の話
2021.09.08 加藤賢崇 / テクノ・ウエスト・サイド・ストーリー
2021.09.01 三宅治子 / 松前さん/マフィンズ/マフィン
2021.08.25 永田太郎 / バックアップ
2021.08.18 藤本功一 / ある夜のありきたりな話
2021.08.11 冷水ひとみ / 幻の ”一弦フェスタ”
2021.08.04 松前公高 / 動画編集をやってみた!
2021.07.28 荒木尚美 / スティービー・ワンダー
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5