トイロ

ココロ

Toyroメンバーのリレー・コラムです。ぜひ、お楽しみください!(代表・横川理彦)


死に馬にハリと没後の春
薄井由行

文章をかくことが苦手です。いろいろと着想し、書き始めてみるものの何かちがう。ならば自分の表現でしたためる事はもうあきらめ、ひと文字でも多く書くためのアイデアを練ってみる。しかし、これでは死に馬にハリを打っているに過ぎませんが。

ところで、今年(2021年)はロシア生まれの作曲家、イゴール・ストラヴィンスキーの没後50年だそうです。2018年に著作権保護期間が70年に延長されたので、より多く演奏される機会がもうすこし先になってしまいました。

ということで「春の祭典」のスコアをひさ方ぶりにパラパラとめくってみました。そこで見えたことや、思い出したことを少しだけ書いてみようと思います。

調性に関しては、古典的なカデンツとその隠蔽、オクターブの等間隔分割、オクタトニック(不完全なものも含む)、増四度と長七度音程の積み上げなどがアイデアの中心でしょうか。

そして「春の祭典」と云えば、何といってもリズムですね。特徴のひとつに例えばAとBの2つの要素がある。Aは拡大し、Bはそのまま。このように周期が変化する》【A(7)+B(43)

散見される特徴的なリズム構造に、インドとの類似性があります例えばAとBの2つの要素がある。Aは拡大し、Bはそのまま。このように周期が変化する》【A(29)+B(43)

作曲家のメシアンが言うには「春の祭典」のリズムは、ターラのような特徴があるとのことです例えばAとBの2つの要素がある。Aは拡大し、Bはそのまま。このように周期が変化する》【A(43)+B(43)

フランスの作曲家メシアンが言うにはバレエ音楽「春の祭典(通称ハルサイ)」の特徴的なリズム構造のひとつに、インドのリズム技法(ターラ)との類似性を指摘しています例えばAとBの2つの要素がある。Aは拡大し、Bはそのまま。このように周期が変化する》【A(79)+B(43)

フランスの作曲家オリヴィエ・メシアンは、著書「音楽言語の技法」のなかで、ロシア生まれのイゴール・ストラヴィンスキーが作曲した三大バレーの内のひとつ「春の祭典(通称ハルサイ)/Le Sacre du printemps(1913年パリで初演)」のリズム構造の特徴のひとつとして、インドのリズム法すなわちターラとの類似性があると述べられています。かんたんに言うと例えばAとBの2つの要素がある。Aは拡大し、Bはそのまま。このように周期が変化する》【A(179)+B(43)

フランスの作曲家が「春の祭典(ハルサイ)」の律動は、ターラのようにビートの周期が変化する》【A(29)+B(17)

ハルサイの律動は頻繁に伸縮し周期が変わる》【A(11)+B(11)

没後50年の今年、かれの音楽が再発見されるのか否か、とても楽しみな春です。

「春の祭典」より「第2部 生贄 3:選ばれし生贄への賛美」です。ここでは対になるリズム要素が各々ことなる間隔で伸縮し、周期が一定していないことが確認できます。

ちなみに、本文の表題・【A(x)+B(y)】内の計数*・段落ごと**の文字数は素数になっています。そういえば「春の祭典」の初演の年月日もそれぞれ1913・5・29で、すべて素数になっていますね!


*《》も文字としてカウントしています。  **【A(x)+B(y)】がある段落は含まれません。


記事一覧
2021.10.13 谷口尚久 / 1971
2021.10.06 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材③ ~ROLAND RE-201 Space Echo
2021.09.29 横川理彦 / 私は放送委員長
2021.09.22 郷拓郎 / 時代の見える機材遍歴の一例
2021.09.15 Gak Sato / 住処の話
2021.09.08 加藤賢崇 / テクノ・ウエスト・サイド・ストーリー
2021.09.01 三宅治子 / 松前さん/マフィンズ/マフィン
2021.08.25 永田太郎 / バックアップ
2021.08.18 藤本功一 / ある夜のありきたりな話
2021.08.11 冷水ひとみ / 幻の ”一弦フェスタ”
2021.08.04 松前公高 / 動画編集をやってみた!
2021.07.28 荒木尚美 / スティービー・ワンダー
2021.07.21 辻林美穂 / ☆欲しい家電 BEST3☆
2021.07.14 薄井由行 / 手にした楽器や機材紹介と、その当時の記憶を辿る作業 その1
2021.07.07 ゲイリー芦屋 / たった一人で音楽をやっていた頃の思い出
2021.06.30 谷口尚久 / 連想
2021.06.23 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材② ~YAMAHA CS01
2021.06.16 横川理彦 / 愚かなり我が心(My Foolish Heart)
2021.06.09 郷拓郎 / そういえばボーカリストだった
2021.06.02 Gak Sato / なにかに似ている
2021.05.26 加藤賢崇 / 「さてテレビでクイーン見るか。スマホ持って」
2021.05.19 三宅治子 / ヨーロッパ盤レコード店 パテ書房のはなし
2021.05.12 永田太郎 / N君のこと
2021.05.05 藤本功一 / 「カレー」
2021.04.28 冷水ひとみ / バロックオペラと鳥の歌
2021.04.21 松前公高 / 究極のアナログシンセサイザーが登場か?
2021.04.14 荒木尚美 / ジミー・ペイジと中二病の私
2021.04.07 辻林美穂 / 100%受け身の音楽ライフ 〜バブみから厨二〜
2021.03.31 薄井由行 / 死に馬にハリと没後の春
2021.03.24 谷口尚久 / 苺、声、記憶、移調など
2021.03.17 ゲイリー芦屋 / 再考『筒美京平・マイ・ベスト10』
2021.03.10 クニ杉本 / 手元に残しておきたい機材 ~YAMAHA VSS-200
2021.03.03 横川理彦 / 音を聴く話
2021.02.24 郷拓郎 / 私と共感覚 ~私に懐くイロ~
2021.02.17 Gak Sato / 音を消す
2021.02.10 加藤賢崇 / 2021年に必ず知っておきたい音楽、教えます
2021.02.03 永田太郎 / 2020年に良く聴いたアルバム10枚
2021.02.03 三宅治子 / 台所で聴いてる音楽
2021.01.27 藤本功一 / 2020年に公開された映画やドラマから青春っぽいやつをご紹介
2021.01.27 冷水ひとみ / 2020年 終わりと始まりの凝縮点
2021.01.20 松前公高 / 2020年にハマった事!
2021.01.20 荒木尚美 / 2020年はひたすら眠かった
2021.01.13 辻林美穂 / 2020年に観たYouTubeチャンネル
2021.01.13 薄井由行 / 2020年にふと聴いてみて印象に残った5曲
2021.01.06 クニ杉本 / 我的2020年
2021.01.06 ゲイリー芦屋 / 2020年 ヨカ曲探しの旅の備忘録
2020.12.30 谷口尚久 / 2020年を振り返って
2020.12.30 Gak Sato / 2020年にリリースされたアルバムより
2020.12.23 郷拓郎 / 個人的に2020年を彩った5曲
2020.12.23 横川理彦 / 2020年は、これを聴いていた ベスト5